国民健康保険税の税額算出方法

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002700  更新日 平成29年4月1日 印刷 

 国民健康保険税は「医療給付費分」、「後期高齢者支援金分」及び「介護納付金分」の3つで構成されており、「医療給付費分」と「後期高齢者支援金分」は年齢に関係なく国保加入者全員に、「介護納付金分」は40歳から64歳までの被保険者のみに賦課されます。
 また、1年度(4月から翌年3月)の保険税額は、国保加入者の基準総所得(注)、加入人数などに応じ、「所得割」「均等割」「平等割」の3つの合計で計算します。
毎年7月中旬に保険税額を決定し、通知を送付します。
 (注)基準総所得=総所得(前年中のもので分離所得・山林所得を含む)-基礎控除額33万円(マイナスになった場合は0円)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 国民健康保険課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176(電話番号はよく確かめておかけください。)
健康増進部 国民健康保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。