医療費の削減にご協力ください

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002694  更新日 平成29年12月25日 印刷 

医療機関での受診、お薬の服用の際の注意点など

 医療機関の受診の仕方、服薬の仕方だけでも医療費が変わってきます。みなさまも以下の点に気をつけて受診してください。

  1. かかりつけ医を持ちましょう
  2. 重複受診はやめましょう
  3. 時間外受診はやめましょう
  4. かかりつけ薬局を持ちましょう
  5. ジェネリック医薬品を活用しましょう

ジェネリック医薬品を活用しましょう

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許終了後に厚生労働省から有効成分、用法・用量、効能・効果が同じものと認可され、製造・販売されているより安価な薬です。

ジェネリック医薬品希望シールについて

ジェネリック希望シールを窓口で配布しています。保険証、診察券やお薬手帳に貼って活用して下さい。


PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 国民健康保険課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176(電話番号はよく確かめておかけください。)
健康増進部 国民健康保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。