国民健康保険(国保)とは・国保に加入する人(被保険者になる人)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002678  更新日 令和2年4月24日 印刷 

国民健康保険(国保)とは

 ある日突然、私たちをおそう、病気やケガ。もし健康保険がなければ、ひとつの病気やケガで、家族が多額の医療費負担に苦しむことになります。
 そうならないよう、日ごろから収入に応じてお金を出し合い、医療費に備えようという「助け合いの精神」から生まれた制度が国民健康保険(国保)です。

国保に加入する人(被保険者になる人)

 職場の健康保険や後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護を受けている人以外は、全ての人が国保の加入者(被保険者)となります(強制加入)。家族が職場の健康保険に加入しているときは、その扶養家族として健康保険に加入できる場合があります。加入条件や給付条件などを確認して、加入先を検討してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 国民健康保険課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176(電話番号はよく確かめておかけください。)
健康増進部 国民健康保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。