いったん全額を自己負担したとき(療養費の支給)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002685  更新日 平成28年4月1日 印刷 

 いったん全額自己負担したときは、国民健康保険課の窓口へ申請し、審査の後に自己負担分を除いた額が支給されます。

  • 支給までには約3カ月かかります(審査を国保連合会で行うため)。
  • 審査の結果で、保険不適用となった場合は不支給となりますので、ご了承ください。

(注意)支払った日の翌日から2年を過ぎると、時効により申請できなくなります。

療養費支給申請書

海外療養費を申請されるかたへ

  • 海外渡航期間が1年以上になる場合は、国民健康保険の資格がなくなるため、申請することができません。
  • 川西市に住民票を有しているものの、実際には海外に長期間滞在しているなど、生活の拠点が川西市にあることが客観的に確認できなかったときは、海外療養費を支給できないことがあります。

空港の自動ゲートを利用されるかたへ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康医療部 国民健康保険課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176(電話番号はよく確かめておかけください。)
健康医療部 国民健康保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。