小学校就学前の子どもを対象とした多様な集団活動事業の利用支援事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014087  更新日 令和3年10月26日 印刷 

事業概要

 地域や保護者のニーズに応えて地域において重要な役割を果たしている、小学校就学前の子どもを対象とした多様な集団活動について、本市の定める基準に適合した集団活動を利用する幼児の保護者の経済的負担を軽減する観点から、その利用料の一部を給付します。

対象幼児

 対象幼児は次の要件をすべて満たす必要があります。

  • 満3歳以上で小学校就学前の川西市民
  • 対象施設などを概ね、1日4時間以上8時間未満、週5日以上、年間39週以上利用し、当該利用日の属する月の初日に在籍する幼児
  • 幼児教育・保育の無償化の給付を受けていない幼児(子どものための教育・保育給付及び子育てのための施設など利用給付を受けていない幼児)
  • 企業主導型保育事業を利用していない幼児

対象施設など

 対象施設などは次の要件をすべて満たす必要がありますので、施設などは、あらかじめ対象施設となるための基準適合審査を川西市に申請し、川西市から対象施設などとして決定を受ける必要があります。川西市外に所在する施設なども川西市民が利用している場合は対象となりますので、川西市に基準適合審査を申請し決定を受けてください。

  • 満3歳以上の小学校就学前の在園するすべての幼児を対象として提供している標準的な開所時間が、概ね、1日4時間以上8時間未満、週5日以上、年間39週以上である施設など
  • 「川西市地域における小学校就学前の子どもを対象とした多様な集団活動事業の利用支援事業実施要綱」の別表1「対象施設等の決定基準」をすべて満たしている施設等
  • 企業主導型保育事業でないこと
  • 認可保育所、認定こども園、幼稚園として認可を受けていないこと
  • 子育てのための施設等利用給付を受給している満3歳以上の小学校就学前の幼児の数が、当該施設などを利用する満3歳以上の小学校就学前の幼児の数の概ね半数を超えないこと

対象施設などとなるための基準適合審査申請

 申請に必要な書類は以下のとおり

  1. 基準適合審査申請書(様式第1号)
  2. 現員の内訳書(様式第1号付表)
  3. 有資格者の資格が確認できる免許状や登録証の写し
  4. 職員の勤務体制がわかる勤務割表
  5. 施設の平面図
  6. 利用料・パンフレット(利用料がわかるものは当該年度分と過去3カ年分)
  7. 年間活動計画、幼児の健康管理・安全管理等が分かる書類、保険会社との契約書類の写し
  8. (認可外保育施設のみ)認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書の写し又は基準への適合状況を説明する書類

給付金額

 次のいずれか少ない額が給付されます。

  1. 月額2万円
  2. 本事業の対象施設などとして決定した日の属する年度の前年度以前、過去3カ年の平均月額利用料
  3. 対象幼児の保護者が対象施設などに支払った月額の利用料(入園料、施設整備費、延長保育又は預かり保育の利用料、実費徴収費の類ではないもの)

給付金の申請の流れ

対象幼児の保護者 

 施設などが定める期日までに、次の書類を施設などへ提出します。(提出期日は別途ご案内します。)

  1. 支給申請書兼請求書(様式第4号)
  2. 支給申請する期間の利用料を支払ったことを証明する書類(領収書など)

対象施設等の事業者

 保護者から提出のあった書類を取りまとめ、次の書類を川西市へ提出します。

  1. 保護者から提出された「川西市地域における小学校就学前の子どもを対象とした多様な集団活動事業の利用支援事業支給申請書兼請求書(様式第4号)」及び支給申請する期間の利用料を支払ったことを証明する書類(領収書等)
  2. 対象幼児の在籍名簿(様式第5号)

給付金の支給

 市は申請に基づき、給付金の支給について決定した内容を対象幼児の保護者に通知します。決定した給付金額は保護者の口座にお振込みします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども未来部 こども支援課(入園所担当)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1175(電話番号はよく確かめておかけください)
こども未来部 こども支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。