ふるさと団地再生

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003842  更新日 令和1年6月24日 印刷 

本市におけるニュータウンの状況

ふるさと団地の風景

 本市では、昭和40年代初頭から中部や北部の丘陵地を中心に、大手民間デベロッパーによって大規模ニュータウンが開発された結果、道路や公園などの基盤施設の整った良好な住宅市街地が形成され、人口急増をもたらしました。
 近年は、急速な高齢化や施設の老朽化など、いわゆるニュータウンの高齢化問題が顕在化し、持続可能な住宅地に向けた再生の取り組みが急務になっています。
 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

ふるさと団地再生の取り組み

川西市ふるさと団地再生協議会

 本市では、ニュータウンにおける高齢化や施設等の老朽化に起因する課題に対応するため、「川西市ふるさと団地再生協議会」を設立し、住宅団地の再生に取り組んできました。
 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

ふるさと団地再生モデル基礎調査(平成23年度)

 高齢化が進むニュータウンのうち大和団地及び多田グリーンハイツ、清和台の現状を把握するため、基礎調査等を行い、特性を分析しました。
 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

ふるさと団地再生の手引き(平成27年度)

 ふるさと団地再生モデルプロジェクトの成果やノウハウをもとに、団地再生の取り組みのポイントを団地再生に取り組む意欲を持つ方の指南書としてまとめました。
 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

ふるさと団地における市民活動

空き家対策ナビゲーターの活動

 空き家対策の担い手となる市民相談員を養成するため、NPO法人兵庫空き家相談センターが、市と連携して、平成30年度に養成講座を実施しました。
 今後は、市民が主体となって、具体的な活動に進んでいくことを期待しています。

関連情報

地域の取り組みを紹介します

地域振興連携協力に関する協定を締結しました

(注)川西市と池田泉州銀行は、地域振興の分野において、お互いの人的・知的資源を効果的に活用し、有意義と認められる諸事業を行うことにより、地域の活性化に繋げていくことを目的として平成24年2月2日に地域振興連携協力に関する協定を締結いたしました。

空き家の有効活用を取り入れた制度をご紹介します

(注)詳しくは、「一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)」のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 住宅政策課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1205 ファクス:072-740-1317
都市政策部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。