市内で市役所職員をかたる不審電話が増加しています!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009635  更新日 令和2年9月30日 印刷 

市内で市役所職員をかたる不審電話が増加しています!

市役所から「還付金がある」、「暗証番号を教えて」は詐欺です!

  • 川西市内において、市役所の保険課や後期高齢者医療の担当などと名乗り、保険料の払い戻しがあると告げ、銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号、預金残高などを聞き出す不審電話が増加しています。
  • 公的機関の職員が銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号、預金残高などを聞くことはありません。
  • 不審に感じたら一人で悩まず、すぐに川西警察署 電話(755)0110または川西市消費生活センター 電話(740)1167までご相談ください。

 

  • 「還付金がある」「暗証番号を教えて」「現金、カードを預かる」は詐欺です。
  • 身に覚えのない電話があったときは、一人で判断せずにすぐに相談を。
  • 高齢の方が狙われる傾向にありますので、ご家族やお知り合いに高齢者がおられる方は、「キャッシュカードは渡さない」「暗証番号は教えない」など被害に遭わないよう注意の呼びかけをお願いします。

市内で市役所職員をかたる不審電話が連続発生しています!

キャッシュカードをだまし取って、現金を引き出す還付金詐欺が増加しています!(川西警察署)

「キャッシュカードを預かる」、「暗証番号が必要」は詐欺です!

  • 川西署管内で、市役所職員や金融機関の職員をかたり、還付金の手続きのためにとキャッシュカードをだまし取って、現金が引き出されてしまう還付金詐欺の被害が発生しています。
  • 手口は、自宅に市役所の職員を名乗って「医療費の還付金があります。送金の手続きをとるので、どこの銀行がよろしいですか?」と電話があります。銀行名を答えると、次は金融機関の職員を名乗って「手続きをするためにキャッシュカードを預かります。暗証番号を教えてください」と電話があります。金融機関の職員を名乗って取りに来た人にキャッシュカードを渡した後すぐに、現金が引き出されて被害にあってしまうというものです。
  • 不審な電話があったときは、一人で悩まず川西警察署 電話(755)0110までご相談ください。

川西署だより1

川西署だより2

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消費生活センター

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1167 ファクス:072-740-1168(電話番号はよく確かめておかけください。)
消費生活センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。