「今より安くなる」?遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘に注意

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002397  更新日 平成30年3月8日 印刷 

「今より安くなる」?遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘に注意

  • 電話で大手電話会社名をかたるなどして、インターネットに接続するためのプロバイダ契約の変更を持ち掛け、遠隔操作で設定変更をする勧誘方法に関する相談が急増しています。
  • 「今より安くなる」などと勧誘されても、契約前に契約内容に関する書面を求め、はっきり理解できなければ承諾しないでください。
  • 知らない間にオプション等を申し込んだことになっているケースもあり、注意が必要です。
  • プロバイダ等の契約は、法律上のクーリング・オフ制度はありません。困った時は消費生活センター(740-1167)までお問い合わせください。

国民生活センター新鮮見守り情報201号

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消費生活センター

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1167 ファクス:072-740-1168(電話番号はよく確かめておかけください。)
消費生活センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。