健康食品の送りつけに関する相談が急増中!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002401  更新日 平成30年3月8日 印刷 

健康食品の送りつけに関する相談が急増中!

  • 突然知らない業者から電話がかかってきて、注文した覚えがないのに「注文されている」などと言われて健康食品を送りつけられるトラブルの中で、最近「注文したときの録音がある」「裁判に出す」などと脅す手口が見られます。
  • このようなケースでは、恐怖心や関わりたくないという思いから、購入を承諾してしまうこともあります。
  • 一方的に「商品を送る」などと言われても、身に覚えがなければきっぱり断りましょう。承諾していないのに商品を送りつけられたときは、代金支払いの義務はなく、受け取る必要もありません。
  • 断りきれずに承諾し商品が届いてしまっても、クーリング・オフができる場合があります。
  • 困ったときは、消費生活センター 電話(740)1167までご相談ください。

「健康食品の送りつけ」注意喚起チラシ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消費生活センター

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1167 ファクス:072-740-1168(電話番号はよく確かめておかけください。)
消費生活センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。