救急車の適正利用

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005177  更新日 令和2年12月2日 印刷 

救急車の適正利用

救急車の適正利用にご協力をお願いします!

イラスト:救急車

 救急車は、けがや病気などで緊急に病院へ搬送しなければ生命に危険が及ぶ方のために備えています。

 令和1年中の救急件数は8,943件で、8,294名を搬送しています。そのうち入院を必要としない軽症者は全体の44%を占めています。

 現在、市消防本部には5台の救急車がありますが、すべての救急車が出動することもしばしば発生しています。

 軽い病気や緊急性がないかたの利用が増えると、1分1秒を争う重症者への対応が遅れ、救える命も救えなくなる可能性がありますので、救急車の適正利用にご協力お願いいたします。

 また、新型コロナウイルス感染症に関しては、市民の皆様も不安があると思いますが、発熱症状がみられても直ぐに救急車を要請するのではなく、かかりつけ医や発熱など受診・相談センター(伊丹健康福祉事務所)、新型コロナ健康相談コールセンターへ相談して指示を仰ぎ、落ち着いて行動していただきますよう、ご協力をお願いいたします。

発熱など受診・相談センター 電話 072-785-9437(平日の午前9時から午後5時30分まで)

新型コロナ健康相談コールセンター 電話 078-362-9980(発熱など受診・相談センターの業務時間外)


近年、軽い症状でも救急車を利用する人が増えています

考えてみてください。

「風邪を引いたようだが、自家用車がない」
「しゃっくりが止まらない」
「血は止まっているが、手足をすりむいた」
「今日入院が決まっているから」
「足がつった」

これは実際にあった救急要請です。
本当に救急車を必要とする状態でしょうか?

これで5件、市内全ての救急車はなくなってしまいます。

この状態で次のような救急要請が入ったらどうでしょうか。

「交通事故でたくさん出血している!」
「突然胸が締め付けられるように痛い!」
「頭が金づちで殴られたように痛い!」
「倒れて動かない!息をしていないようだ!」

このような症状は、1分1秒を争う可能性があります。                            市の救急車は出場中ですので向かうことはできません。
自分自身が、また大切な人が緊急の状態となったとき、救急車の到着が遅いとどうでしょうか?

今一度、救急車の適正利用について考えてみてください!


”いのち”をはこぶ適正利用に協力を!こんな時は迷わず119番!突然の激しい頭痛 胸が激しく痛む 意識がない 兵庫県下消防庁会 

救急車を適正に利用するには

ためらわずに救急車を呼んでほしい症状

ためらわず救急車を呼んでほしい症状:大人
消防庁ホームページより引用
ためらわず救急車を呼んでほしい症状:小児(15歳未満)
消防庁ホームページより引用  

自分で病院を受診しようと思うけれど、病院がわからない場合

 夜間、休日で病院がわからないときは
 
 テレホン案内(072-759-1234)をご利用ください。
 
 接続後、音声ガイダンスにしたがって番号を選択して操作してください。
 病院の名前と住所、電話番号をお知らせいたしますので、必ず病院に受診可能か電話連絡をしてください。
(ガイダンスでお知らせした病院でも、救急車の対応や緊急手術などで受診できない場合があります)
 
 また、インターネットで、兵庫県下・大阪府下の病院を検索することが可能です。
 インターネットで検索する場合は下記のリンクをクリックしてお調べください。
 

子どもの具合が悪い、けがをしたけど病院を受診したほうがいいのかわからない場合

イラスト:病院を受診したほうがいい?


 小児救急医療電話相談窓口
 
 兵庫県が設置する小児救急医療電話相談窓口で医師や看護師と話すことができます。
 病院を受診したほうがいいか、様子をみてもいいか迷った時は相談してください。
 
 電話番号 #8000
 市外局番が072または06、ダイヤル回線、IP電話のかたは078-731-8899におかけください。
 
 相談可能時間
 平日・土曜日 :午後6時~午前0時
 日曜祝日及び年末年始:午前9時~午前0時

 子どもは自分の症状をうまく説明できず、また自分で緊急性を判断することができません。大人が普段から子どもの体をしっかり観察してあげてください。

大切なのは予防すること

心停止の予防 心停止の早い認識と通報 一次救命処置(心肺蘇生法とAED) 二次救命処置と心拍再開後の集中治療

 上の図は、倒れた人の命を救い、社会復帰に導くまでの一連の流れを示したものです。
 「心停止の予防」「早期発見と通報」「一次救命処置」「二次救命処置」の順に並んでいます。
 この4つが途切れることなく、素早くつながることで救命効果が高まります。
 もっとも大切なことは予防することです。
 かかりつけ医を持ち、体調が悪ければ早めの受診を心がけてください。
 また子どもの周りに飲み込める小さな物を置かない、危ないところには近づかないなど事故に対しても十分に注意してください。
 日ごろから自分や家族の体に十分に注意を払い、健康状態を維持しましょう。
 
 
 

本当に必要な人のもとに救急車がすぐに向かえるよう救急車の適正利用にご協力をお願いします!

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防課

〒666-0017 川西市火打1丁目15番23号
電話:072-759-9980 ファクス:072-757-3379
消防本部 消防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。