横断歩行者の交通事故防止対策が強化(警告書交付)されました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013139  更新日 令和3年6月9日 印刷 

危険な道路横断歩行者に「歩行者指導警告書」を交付

警察官

 道路横断中の死亡事故が後を絶たないことから、兵庫県警では令和3年6月1日(火曜日)より、歩行者の危険な横断に対する安全啓発や指導警告を強化しています。
 歩行者の信号無視や禁止された場所での横断など、道路交通法で禁止されている行為を実施した場合、警察官が「歩行者指導警告書(以下「警告書」という。)」を交付することとなります。
 違反を繰り返すと罰則・科料の適用につながります。
 交通ルールを守って正しく安全に道路を横断し、交通事故を防ぎましょう。
 

道路交通法で禁止されている横断行為

警察官の指示に従わず、以下の行為をした場合、罰則の対象となります(2万円以下の罰金または科料)。

(横断歩道付近)横断歩道外横断の禁止[法12条第1項]

歩行者は、横断歩道がある場所の付近では、その横断歩道によって横断しなければならない。

斜め横断の禁止[法12条第2項]

歩行者は、斜めに道路を横断してはならない。
(道路標識・標示によって斜め横断が可能なスクランブル交差点での横断を除く)

直前直後横断の禁止[法13条第1項]

歩行者は、車両等の直前または直後で横断してはならない。
(横断歩道を横断するとき、信号機の信号や警察官の手信号に従って横断するときを除く)

横断禁止場所[法13条第2項]

「歩行者横断禁止」標識

歩行者は、道路標識によって横断が禁止されている道路の部分では横断してはならない。

横断歩道では車も歩行者も思いやりを

 川西市では、川西警察署・猪名川町と協働し、「横断歩道3アイ運動」譲りアイ・アイを持って・アイサインを推進しています。
 横断歩道上の事故をなくすとともに、車も歩行者もお互い「譲り合い」の気持ちを持って、気持ちよく通行できる思いやりのある地域を目指しましょう。

このページに関するお問い合わせ

土木部 交通政策課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1184(啓発)072-740-1180(交通)
土木部 交通政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。