宅地の安全対策について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007169  更新日 令和6年6月3日 印刷 

宅地の安全対策

 平成30年6月18日に大阪府北部を震源とする地震及びその後の雨により、宅地が緩んでいる可能性があります。宅地の安全性について、再点検をして下さい。

宅地の安全チェックポイント図

宅地の自己点検

上記のことに注意して再点検を行って下さい。
また、建築用空洞ブロックは擁壁材料ではありません。
宅地を有効利用するために、塀や壁に使用するコンクリートブロックを使って、土留めにしていませんか。
建築用空洞ブロックによる擁壁は費用が安く、容易に施工できるため、多く見受けられますが、地震や大雨などの際に崩壊する危険があります。
 

宅地防災の相談

宅地防災に関してご不明な点がございましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡下さい。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

質問1:このページは分かりやすかったですか?
質問2:質問1で(2)(3)と回答されたかたは、理由をお聞かせください。(複数回答可)


 (注)個人情報・返信を要する内容は記入しないでください。
所管課への問い合わせについては下の「このページに関するお問い合わせ」へ。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 建築指導課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1204
都市政策部 建築指導課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。