警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008799  更新日 令和1年6月1日 印刷 

水害・土砂災害時の防災情報の伝え方が変わります

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

 平成31年3月29日、内閣府(防災担当)により「避難勧告等ガイドライン」(以下「ガイドライン」といいます。)の一部が改定されたことを受け、市町村が発令する避難情報等の内容が変更されました。
 詳しくは、国が作成した広報チラシをご覧ください。

1.ガイドライン改定の概要

(1)警戒レベルの導入

 災害時における避難のタイミングを分かりやすくし、住民等の自発的な避難判断を支援するため、”とるべき行動”と”その行動を促す情報”を関連付けるものとして、1から5までの数字で直感的に危険度が伝達できるよう、新たに5段階の「警戒レベル」を導入する。

  • 警戒レベル1 ⇒ 災害への心構えを高める
  • 警戒レベル2 ⇒ 避難に備え、自らの避難行動を確認する
  • 警戒レベル3 ⇒ 高齢者等、避難に時間を要する人とその支援者は避難を開始する
     【避難情報】「避難準備・高齢者等避難開始」に対応
  • 警戒レベル4 ⇒ 全員避難する
     【避難情報】「避難勧告」「避難指示(緊急)」に対応
  • 警戒レベル5 ⇒ 命を守るための最善の行動をとる

(2)「災害発生情報」の新設

 避難を促す情報に加えて、災害が実際に発生したことを伝えるため、「警戒レベル5/災害発生情報」を新設する

警戒レベル

2.今後の避難情報等の発信方法を避難のタイミング

 川西市では、避難情報等の発令時に、避難情報・災害発生情報と警戒レベルを合わせて情報発信する予定です。

 【発信例】
「避難準備・高齢者等避難開始(警戒レベル3)」
「避難勧告(警戒レベル4)」「避難指示(緊急)(警戒レベル4)」
「災害発生情報(警戒レベル5)」

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1145 ファクス:072-740-1320
総務部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。