在宅高齢者支援・家族介護者支援

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000916  更新日 令和1年5月9日 印刷 

緊急通報装置の貸与

 65歳以上の一人暮らしの高齢者などが、自宅で急病になった場合などの緊急時にすぐ通報できるよう非常用ペンダントと専用装置を貸し出し、緊急時の援助体制の向上を図ります。

救急医療情報キット(安心キットきんたくん)を配布

 65歳以上のひとり暮らし高齢者などに、救急時に必要情報を保管する救急医療情報キットを担当地区の民生委員より希望者に配布いたします。

きんたくんボトル

(注)上記事業は、配布対象者が限定されているため、川西市消防本部において、市民、市内在勤及び在学者が使用することができる救急安心カード(きんすけくんカード)を作成しています。詳しくは、川西市消防本部消防課まで(川西市火打1丁目12番11号 電話:072-759-9980)。

きんすけくんカード画像
きんすけくんカード

日常生活用具の給付・貸与

 65歳以上の一人暮らし高齢者で、介護保険で要介護1以上の認定を受けている生活保護または老齢福祉年金を受給されているかたに、電磁調理器、火災警報機、自動消火器を給付します。また、電話のないかたには老人用電話(加入権)を貸し出します。

高齢者外出支援サービス事業

 毎年4月1日時点で介護保険で要介護3以上の認定を受けており、介護保険施設に入所していない65歳以上の在宅高齢者に、タクシー又はリフト付き寝台タクシーを使用する際の費用を一部助成します。

住宅改造費助成事業

 浴室の段差解消や便所の手すり設置など住居のバリアフリー化にかかる工事費用の一部を助成します。必ず、事前に申込みをしてください。工事が完了した後の助成はできません。助成対象工事費は100万円(住宅改修費含む)、助成率は所得によって10分の10から3分の1までです(所得制限、対象工事に制限があります)。

高齢者住宅整備資金の貸し付け

 高齢者と同居している家族で、高齢者のために増改築をするための資金を貸付けます。 必ず事前に申込んでください。工事が完了した後は対象になりません。連帯保証人必要。

訪問理容サービス事業

 寝たきりで外出困難な高齢者などに、年4回以内、理容師が自宅を訪問し、理容サービスを行います。利用料は無料です。

高齢者住宅等安心確保事業

 高齢者世話付住宅(シルバーハウジング)に生活援助員を派遣し、生活指導、相談、安否の確認、一時的な家事援助、緊急時の対応などのサービスを行います。市内のシルバーハウジングは、県営川西清和台東住宅、市営加茂桃源団地、県営川西下加茂住宅の3カ所で、利用料は利用者世帯の所得税額により月額0円から4,900円になります。

在宅高齢者介護手当支給事業

 介護保険で要介護4または要介護5の認定を受け、過去1年間介護保険のサービスを受けていない高齢者を家庭で介護している人に年額10万円を支給します(所得制限あり)。

家族介護用品支給事業

 世帯全員が市民税非課税世帯で、要介護4または要介護5の認定を受けた高齢者を家庭で介護している人に、家族介護用品(紙おむつ・尿取りパット)を、月額6,250円分を限度に自宅へお届けします。

行方不明高齢者家族支援サービス事業

 行方不明のおそれがある65歳以上の認知症高齢者を在宅で介護している家族に、居場所検索用端末装置を貸し出します。この端末装置を高齢者の衣服などに付けていただき、行方不明時に現在地を探し、早期発見と安全の確保に役立て、家族の負担の軽減を図ることを目的としたサービスです。
 

徘徊高齢者家族支援サービス事業

靴用ステッカーの配布

 市認知症みまもり登録をしている人で、希望する人に、車のライトなどに反射する靴用ステッカーを配布しています。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 地域福祉課(高齢者福祉)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1174(電話番号はよく確かめておかけください。)
福祉部 地域福祉課(高齢者福祉)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。