高齢者用肺炎球菌予防接種

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017640  更新日 令和6年2月5日 印刷 

 高齢者の肺炎球菌(23価肺炎球菌莢膜多糖体ワクチン:ニューモバックス)予防接種が、平成31年3月の予防接種法改正により、平成31年度から5年間引き続き65歳から5歳刻みの年齢を対象に高齢者用肺炎球菌定期予防接種(23価肺炎球菌莢膜多糖体ワクチン:ニューモバックス)を実施しています。
 令和5年度の65歳以上の対象の人へは、お知らせ・説明書・予診票を6月上旬に郵送しています。接種を希望される人はご予約のうえ、説明書をよく読み、「予診票」必要事項を記入し、体調のよい時に受けてください。

【注意】令和6年度からは、当該年度に65歳になる人が対象となる予定です。

対象者

 今までに肺炎球菌ワクチンを接種したことがない次の1.または2.の人

  1. 令和5年度(令和6年3月31日まで)に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる人
    65歳(昭和33年4月2日〜昭和34年4月1日生まれ)
    70歳(昭和28年4月2日〜昭和29年4月1日生まれ)
    75歳(昭和23年4月2日〜昭和24年4月1日生まれ)
    80歳(昭和18年4月2日〜昭和19年4月1日生まれ)
    85歳(昭和13年4月2日〜昭和14年4月1日生まれ)
    90歳(昭和8年4月2日〜昭和9年4月1日生まれ)
    95歳(昭和3年4月2日〜昭和4年4月1日生まれ)
    100歳(大正12年4月2日〜大正13年4月1日生まれ)
  2. 60歳〜64歳で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいのある人(身体障害者手帳1級相当)

実施期間

 令和5年4月1日〜令和6年3月31日

費用

 4,000円(自己負担金)
 (生活保護受給証明書を持参の人は無料です。事前に川西市福祉部生活支援課で手続きをして、接種時にご持参ください。中国残留邦人など支援給付者で「本人確認証」を持参の人も無料です。)

接種回数

 1回

接種当日持ち物

  • 予診票
  • 「本人確認書類(健康保険証など)」

委託医療機関

川西市・猪名川町以外の委託医療機関で受ける場合

 下記の「川西市・猪名川町以外での高齢者の定期予防接種を受けるかたへ」を見て頂き、必ず手続きを行ってください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

質問1:このページは分かりやすかったですか?
質問2:質問1で(2)(3)と回答されたかたは、理由をお聞かせください。(複数回答可)


 (注)個人情報・返信を要する内容は記入しないでください。
所管課への問い合わせについては下の「このページに関するお問い合わせ」へ。

このページに関するお問い合わせ

健康医療部 保健センター・予防歯科センター

〒666-0016 川西市中央町12番2号 市役所北隣り 保健センター内
電話:072-758-4721 ファクス:072-758-8705
健康医療部 保健センター・予防歯科センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。