空き家調査アプリの実証実験

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013952  更新日 令和3年9月21日 印刷 

空き家調査アプリの実証実験

実証実験に至るまでの経緯

 川西市では、柔軟な発想と優れた技術を持つスタートアップ企業と市職員が協働して、地域・社会課題の解決をめざすプロジェクト「Urban Innovation KAWANISHI」を実施し、住宅政策課は、次のテーマで参加しました。
(取り組みテーマ)
「官民官民連携で空き家のデータベースを構築・活用し、今までにない空き家の流通基盤をつくりたい!」
 なお、プロジェクトの詳細は次のリンク先をご覧ください。

実証実験の概要

実証実験は、「Urban Innovation KAWANISHI」の枠組みの中で行いました。

  • 実施期間:令和2年12月から令和3年3月まで(約4カ月間)
  • 実験の概要:次の添付ファイルをご覧ください。

報道の状況

  • 神戸新聞(阪神版) 令和3年2月22日
     「アーバンイノベーション川西」の取り組みが報道されました。
  • NHK神戸放送局 令和3年3月16日
     「空き家調査の実証実験」の様子が報道されました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 住宅政策課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1205 ファクス:072-740-1317
都市政策部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。