空き家活用リフォーム助成(新婚・子育て世帯向け賃貸住宅供給支援型)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008686  更新日 令和2年5月22日 印刷 

お知らせ

 令和2年度の空き家活用リフォーム助成(新婚・子育て世帯向け賃貸住宅供給支援型)の受付は、6月1日月曜日から開始し、10月30日金曜日で終了予定です。必要書類を揃えて、住宅政策課へお申し込みください。

助成事業のご案内

 川西市では、分譲開始から30年以上が経過したニュータウンに存する空き家を新婚・子育て世帯向けの賃貸住宅とする場合、機能回復又は設備改善に必要な改修工事に要する経費(対象外となる工事あり)の一部を助成します。

制度の概要と対象可否の判断

 制度リーフレットを以下に掲載しています。申請要件を確認のうえ、お申し込みください。

助成事業の要件

補助対象などについて

対象者(以下をすべて満たす者)

  • 空き家の改修工事が完了した日(事業完了日)から10年以上当該空き家を活用する者
  • 申請者が申請日の前年度に市区町村民税を滞納していないこと
  • 申請者が川西市暴力団排除に関する条例に規定する暴力団でないこと
  • 工事完了後1年間は入居者を新婚・子育て世帯に限定すること

対象の空き家

  • 分譲開始から30年以上が経過した大規模ニュータウン(大和団地、多田グリーンハイツ、清和台、湯山台、萩原台、阪急日生ニュータウン)に存する一戸建て住宅または長屋住宅
  • 申請時において、空き家である期間が6カ月以上経過していること
  • 床面積がが75平方メートル以上であること
  • 台所、浴室、水洗便所、洗面設備及び収納設備を備えていること
  • 現行の耐震基準を満たすことが証明できること
  • 賃貸住宅の管理期間が10年以上であること
  • 事業完了から1年間は、入居者を新婚・子育て世帯に限定すること

対象となる経費

新婚・子育て世帯向けの賃貸住宅として活用するために必要と認められる工事

補助金額の概要

対象工事費の1/2(上限100万円)

交付申請

実績報告

補助金交付要綱

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 住宅政策課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1205 ファクス:072-740-1317
都市政策部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。