害虫の駆除・ハチの巣駆除の相談・「空き宅地」の除草

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001482  更新日 令和2年1月10日 印刷 

害虫駆除

 感染症予防のため、ねずみ・衛生害虫の駆除を実施しています。季節ごとに発生する幼虫及び成虫駆除のため、河川・水路・公共下水道管内に薬剤散布作業を行っています。

ハチの巣の駆除相談

ハチの巣の駆除は専門の事業者へ

 暖かくなると、あちらこちらでハチを見かけるようになります。ハチは、草木の害虫である蝶や蛾の幼虫などの昆虫を捕食したり、植物の受粉を手助けするなど、自然界のバランスを保つうえで、重要な働きをしている昆虫です。

 最近では、ハチが人間の暮らしている場所に巣を作るなどハチと人間が接触することが多くなってきたため、刺されるというトラブルも起こっています。しかし、スズメバチ以外は、本来攻撃性の少ないおとなしい昆虫のため、ハチの種類と特徴を理解し、できる限りそのままにしてあげましょう。

 どうしてもハチの巣の駆除をしたい場合は、アシナガバチであれば市販の殺虫剤で駆除ができますのでできるだけ、大きくなる前に処理しましょう。スズメバチの巣や巣が大きくなっていたり、巣の駆除に危険を感じた場合は、一般社団法人兵庫県ペストコントロール協会(電話0120-76-2633または078-576-2633)へ連絡してください。受付時間は午前9時~午後5時(月曜日~金曜日)で専門業者を紹介していただけます。

 市では、ハチの巣の対応について、ご相談はお受けしておりますが、個人(民有)地のハチの巣の駆除は行っていません。

「空き宅地」の除草

 夏が近づくにつれ、「空き宅地」の草が大きくなり、周辺住民の皆さんのご迷惑になるケースが増えてきます。「空き宅地」など土地の管理については、持ち主が責任をもって行いましょう。ご近所の皆さんのご迷惑にならないよう定期的に確認し、除草などを心がけましょう。

 また、市内の「空き宅地」について、持ち主が遠方に居るなど定期的な除草ができない場合に限り、川西市環境衛生推進協議会(事務局:環境衛生課)が有料で除草作業を行っています。除草金額などのお問い合わせは、環境衛生課(電話072-758-3262)まで。

 ただし、同協議会が行えるのは「空き宅地」の簡易な除草のみであり、植木の剪定や伐採などについては、対応できません。また、除草のみであったとしても、長年放置されているなど除草が困難な場合は、専門事業者へ委託していただきますようお願いします。(同協議会が確認のうえ、対応できるかどうか判断します。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 環境衛生課(衛生業務)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-758-3262 ファクス:072-740-1336
市民環境部 環境衛生課(衛生業務)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。