母子健康事業(妊婦の人へ)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001213  更新日 令和3年3月31日 印刷 

妊娠届出・母子健康手帳の交付

 新型コロナウイルス感染症対応の一環として、母子健康手帳の交付を、郵送でも対応しております。手続きの詳しい方法については、保健センター(電話番号:758-4721)までお問い合わせください。

 妊娠が分かったら、妊娠届出書を提出して、母子健康手帳の交付を受けましょう。母子健康手帳は、妊娠から出産・乳幼児期までの健康に関する情報を管理するためのものです。各種健康診査(妊婦健康診査・乳幼児健康診査など)の結果や母子保健サービス(保健指導など)の記録、予防接種の接種状況を記録します。
 就学以降も、予防接種の記録などが必要となりますので、紛失しないよう大切に取り扱ってください。

届出・交付場所

保健センター(市役所北隣)

受付日

月曜日から金曜日(祝日を除く)

受付時間

午前9時から正午、午後0時45分から午後5時(なるべく午後4時45分までにお越しください)

持ち物

  1. 妊娠届出書(保健センターにもあります)
  2. 妊婦本人の印鑑(妊婦健康診査費助成の申請に必要)
  3. 妊婦本人のマイナンバーの確認書類(通知カードまたは個人番号カード)
  4. 本人確認書類(注1)
  5. 代理の人が来られる場合は、代理の人の本人確認書類(注2)

(注1)妊娠届出書の手続きにおいて、必要な本人確認資料は以下のとおりです。
   マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券など
(注2)妊娠届出書は下記からダウンロードしてください。

妊娠健康診査費助成

申請の受付日
月曜日から金曜日(祝日を除く)
申請の受付時間
午前9時から正午
午後0時45分から午後5時
(手続きの説明などがありますので、なるべく午後4時45分までにお越しください。)
申請の受付場所
保健センター

 保健センターへ助成申請をしてください。母子健康手帳交付時に同時に申請ができます。保健師などが妊婦の健康状態などをお伺いし、面接を行うとともに、健康診査などの説明をします。

対象
川西市内に住民票のある妊婦
助成内容
国内医療機関、助産所で受診する妊婦健康診査の費用に対して、健診14回分で、1回あたり5,000円が11回、15,000円が3回(合計上限100,000円)を限度に助成。

 詳しくは、下記の「妊婦健康診査費の一部助成事業があります」をご覧ください。

学級・検診など

電話・面接相談

 保健師や管理栄養士などによる母子の健康や栄養、子育てに関する不安や悩みなどの相談(平日の随時)。

訪問指導

 妊産婦・新生児・乳幼児を対象に、必要に応じて保健師や助産師などが家庭訪問による健康・子育て相談などを行っています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 健幸政策課

〒666-0016 川西市中央町12番2号 市役所北隣り 保健センター内
電話:072-758-4721 ファクス:072-758-8705
健康増進部 健幸政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。