農地法第3条の相続届出様式等

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005951  更新日 令和3年10月6日 印刷 

農地のままでの権利移動(農地法第3条)

 農地を耕作目的で売買したり、貸借するときは農地法第3条に基づく農業委員会の許可が必要です。

農地法第3条の主な許可基準

農地法第3条の許可を得るには、次の基準を満たす必要があります。

  1. 全部耕作要件 取得時に農地などのすべてを効率的に利用して耕作を行うこと。
  2. 常時従事要件 申請者又は世帯員などが農作業に常時従事すること。(原則年間150日以上)
  3. 下限面積要件 取得後の経営面積が川西市農業委員会の定める下限面積を超えること。

    下限面積

    地域

    10a

    川西市全域

  4. 地域調和要件 周辺の農地などの効率的・総合的利用に支障がないこと。

なお、法人の場合は2.に代えて農地所有適格法人要件などを満たす必要があります。

提出書類

  1. 農地等の権利移動の許可申請書
  2. 必要書類一覧表の該当する書類

手続きについて

 農業委員会事務局窓口にて、毎月末締めで受付をし、翌月の農業委員会総会(原則20日開催)で、許可(不許可)決定後、翌日を目途に許可(不許可)書を発行します。

(注意事項)書類不備などがあると、受付することが出来ず翌月以降の対応となってしまう恐れがありますので、書類の提出にあたっては、事前にご連絡の上、ご相談ください。(個々のケースに応じて、必要書類を提出いただく場合があります。)


農地の権利取得の届出(農地法第3条の3)

 相続などにより農地を取得した場合は、その農地が所在する農業委員会に相続が発生した日から10カ月以内に届出しなくてはなりません。

 川西市内の農地にかかる届出書の受付は、農業委員会事務局で行います。

 なお、相続などにより農地を取得したにもかかわらず、この届出をしなかったり、虚偽の届出をした者は、10万円以下の過料に処される場合があります。(農地法第69条)

提出書類

  1. 様式第14号(農地法第3条の3の規定による届出書)
  2. 土地全部事項証明書(相続登記未了の場合は遺産分割協議書などの相続関係を示すもの)

このページに関するお問い合わせ

農業委員会事務局

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1253
農業委員会事務局へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。