令和元年12月のかわにしニュース

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009747  更新日 令和1年12月27日 印刷 

市長が幹部職員を前に年末のあいさつ

市長の挨拶の様子

 仕事納めの27日、市長が課長級以上の職員ら約120人を前に、この1年を振り返るあいさつを行い、年を締めくくりました。
 あいさつは、市役所内の他の職員に対しても庁内放送。市長は「私たちは川西を変えることができます。私に一年間その自信と確信を与えてくれた各職員の皆さんに心からお礼を申し上げます」などと話しました。

津軽三味線奏者の白藤ひかりさんに市民文化賞を贈呈

市民文化賞贈呈式の様子

 26日、市役所で、市出身で本格派津軽三味線デュオの「輝&輝」の白藤ひかりさんに川西市民文化賞の贈呈式が行われました。
 市長から盾を手渡された白藤さんは「東京に出てなかなか戻って来られませんでしたが、ようやく地元に貢献できるようになったと思います。今後も役立てることがあれば、川西市に貢献していきたいです」などと話しました。

空手道を歩む中学生3人が全国大会へ

々木さん、岸本さん、木村さんの表敬訪問の様子

 26日、空手道の県大会で優秀な成績を収め、全国大会への切符を手にした、中学生の佐々木陽翔さん、岸本日向さん、木村心優さんが市役所を表敬訪問しました。
 佐々木さんは「昨年は1回戦で負けてしまったので、今年は優勝を目指して頑張りたいです。これから部活の陸上や勉強が忙しくなってきますが、全て全力で取り組みます」などと全国大会への意気込みを語りました。

双子の姉妹が新体操で優勝と準優勝

松田藍さんと松田凛さんの表敬訪問の様子

 26日、「第18回兵庫県キッズ・チャイルド新体操選手権大会」の3・4年生個人の部で優勝した松田藍さんと、藍さんと一緒に出場した団体戦で準優勝した松田凛さんが報告のため市役所を表敬訪問。大会を振り返り、今後の目標について市長に語りました。

全日本卓球選手権大会マスターズの部で優勝

池田さんの表敬訪問の様子

 23日、「2019年全日本卓球選手権大会マスターズの部」で優勝した市内在住の池田和子さんが、報告のため市役所を表敬訪問。試合を振り返り、市長に「マスターズの部は元気なお年寄りが増えたことで、競争が激しくなっていますが、来年度も優勝し、連覇したいと思います」と今後の抱負などを語りました。

社会人バスケで全国優勝 予選の雪辱を決勝戦で晴らす

桜香コミックスのメンバーの写真

 17日、「第2回全日本社会人O‐50(オーバーフィフティ)バスケットボール選手権大会」の女子の部で優勝したバスケットボールチーム「桜香コミックス」のメンバー8人が、トロフィーなどを手に市役所を訪問。市長に、全国大会優勝の報告や今後の意気込みなどを語った。

冬空を彩る地域の灯り「大和夢ナリエ」

大和夢ナリエの様子

 14日、平木谷池公園と能勢電鉄「畦野」駅前で、「大和夢ナリエ」(主催:大和の夢かなえたい実行委員会)の点灯式が行われました。
 これは、世代間をこえた地域の絆づくりと阪神淡路大震災の鎮魂のために行っているもので、今回で20回目。開催費用は募金などによって賄われており、地域の協力のもと行われています。開催は、令和2年1月17日(金曜日)まで。点灯は午後5時~午後10時です。

本物のアーティストを身近に感じて!中学校で個展

開催された個展の様子

 13日から18日まで、市立川西中学校2階会議室で、同中学校の図書ボランティアグループ「桜梅桃李」が「Yukichi 作品展」を開催。「Yukichi」の名で活動している市在住イラストレーターの池田由記さんが色鉛筆やクレヨン、水彩、アクリル絵の具を使って描いた作品約40点を展示しました。

園児がサンタきんたくんポストに手紙を投函

きんたくんポストに手紙を投函する園児の様子

 12日、市役所南側玄関前に設置されている「きんたくんポスト」に、川西幼稚園の園児20人がきんたくんへのメッセージを書いたクリスマスカードを投函しました。
 サンタきんたくんポストは、川西久代郵便局が中心となり川西南部会に所属する郵便局社員が衣装などを手作りで作成。手紙文化の振興や地域の話題作りのため、12月16日から25日までサンタの衣装を着たきんたくんが出迎えます。

「かわにし子どもプロジェクトチーム」を決めるプレゼンテーション審査を実施

プレゼンテーション審査の様子

 8日、市役所で「かわにし子どもプロジェクトチーム」を決めるためのプレゼンテーション審査を実施しました。同チームは、「子ども自主活動支援事業」でプロジェクトを企画・実行する役割を担います。
 この日、1次の書類審査を通過した6チームが子ども審査員や市長、教育長などを前にして順番にプレゼンテーションを実施。結果、「きんたくん」をモチーフにしたパン作りを企画したチームが選ばれました。

JR「川西池田」駅前でイルミネーションが点灯

JR「川西池田」駅前のイルミネーションの様子

 7日、JR「川西池田」駅前ロータリーにある花壇がイルミネーションで装飾され、点灯式が行われました(主催:JR川西池田駅周回路電飾委員会)。
 これは、「不法看板撤去連絡協議会」と「JR阪急駅前花壇の会」が行っていた景観美化に端を発するもので、今回で13回目。通行者などが立ち止まり、点灯の様子を眺めていました。イルミネーションが点灯されるのは、令和2年1月17日までです。

プロレスで夢や元気を届けたい「川西プロレスまつり2019」を開催

プロレスまつりの様子

 7日、総合体育館で市在住の現役プロレスラーのビリーケン・キッドさんが主催する「川西プロレスまつり2019」が開催されました。
 同興行は、市内外の障がい者施設の関係者をはじめ、未就学児や65歳以上の高齢者を無料で会場に招待するなど、プロレスで夢や元気を届けようと企画したもの。来場した約800人(うち、約200人は招待)は、リング上で繰り広げられるプロレスの華麗な技や迫力のパフォーマンスを見て声援を送っていました。

元プロ野球選手古田敦也さんのチャリティゴルフ大会を開催

古田敦也さんのチャリティゴルフ大会の様子

 2日、鳴尾ゴルフ倶楽部で川西市の名誉市民で、元プロ野球東京ヤクルトスワローズの選手兼監督の古田敦也さんが参加する「古田敦也チャリティゴルフ大会」(主催:市少年軟式野球連盟)が開かれました。
 同大会には市民ら120人が参加。コンペ終了後、古田敦也さんは、チャリティなどで集まった60万2千円を市少年軟式野球連盟に寄贈しました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1103
総合政策部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。