小童寺 清和源氏ゆかりの社寺

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003067  更新日 平成30年6月15日 印刷 

 源満仲の末子は、幼名を美女丸と呼ばれていました。美女丸が十五歳のとき、修行を怠ったことから、和歌や管弦はもとより、経典も読めなかったことに、満仲は怒り、重臣の藤原仲光に美女丸の首を切れと命じました。
 しかし、仲光は、自分の子である幸寿丸の首を切り、満仲に差しだし、美女丸を逃がしました。このことを聞いた美女丸は出家し、やがて名僧となり、幸寿丸をとむらうため、小童寺を建立したということです。春には桜が、秋には紅葉が伝説を彩ります。

小童寺 電話:072-794-0253

交通アクセス

電車

能勢電鉄畦野駅下車 北西へ徒歩1キロメートル

国道173号線川西病院交差点西へ

位置

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 文化・観光・スポーツ課(観光)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1161 ファクス:072-740-1187
市民環境部 文化・観光・スポーツ課(観光)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。