加茂遺跡史跡指定20周年記念 特別展「摂津加茂遺跡里帰り展」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008863  更新日 令和3年9月22日 印刷 

イベントカテゴリ: 催し 文化

特別展「摂津加茂遺跡里帰り展」 を開催します

特別展

 加茂遺跡は、大正4年(1915)に鴨神社周辺で多数の弥生土器や石器が散布することが見つかり、その存在が広く知られるようになりました。以来多くの研究者や愛好家が遺物を採集しに当地を訪れています。
 昭和27 年(1952)から29 年にかけて、関西大学の末永雅雄氏と関西学院大学の武藤誠氏が両大学の学生を率いて初めての発掘調査を実施されました。その調査成果は昭和43 年に『摂津加茂』として報告され、弥生時代中期を中心とする集落遺跡としての性格が明らかにされました。
 また、昭和40 年頃からは開発に伴い教育委員会の発掘調査が実施されるようになり、現在までに300 次を超す発掘調査が実施され、遺跡の実態が明らかになってきています。平成12 年(2000)には鴨神社及びその周辺が国史跡に指定され、平成23・27 年に追加指定を受けました。
 この度、史跡指定20 周年を迎えたことを記念し、関西大学が所蔵する加茂遺跡の初めての発掘調査資料とその成果について紹介する特別展を開催いたします。

開催期間

令和3年10月14日(木曜日)から令和3年12月26日(日曜日)まで

開催時間

午前9時30分 から 午後5時 まで

開催場所

川西市南花屋敷2丁目13-10

費用

無料

主催
川西市教育委員会
協力
関西大学
問い合わせ
072-757-8624
その他

11月6日に、加茂遺跡についてのシンポジウムを開催します。

詳細は下記リンクをご参照ください。

 

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1244 ファクス:072-740-1327
教育推進部 社会教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。