令和4年6月6日 市長メッセージ「まちづくりについて一緒に語り合いませんか」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015344  更新日 令和4年6月7日 印刷 

まちづくりについて一緒に語り合いませんか

2日から市議会の6月定例会が始まりました。
9日から13日まで一般質問があり、14日から16日には常任委員会が開かれることとなっています。
議員の皆さんと向き合って、しっかりと議論をしていきます。

「第6次総合計画」策定の取り組みが本格化しています

めざすべきまちの姿を定めた総合計画。令和6年度から始まる新たな総合計画策定が動き出しました。
次期総合計画は6年度からの8年間の計画ですが、その先も見据え川西市がどのようなまちであってほしいか、また、そのまちでどのような暮らしがしたいかというみんなの思いを体現した計画にしたいと思っています。

計画づくりに市民の皆さんの声を

行政が計画を策定する際には、まず市長が方針を決断したうえで、市民の意見を聴いたり、決断した内容を説明したりすることが必要な場合もあります。これまでも、計画の素案を作ってから、タウンミーティングやパブリックコメントなどで市民の声を聴く…という流れを選択することもありました。
しかし、世の中には多様な意見があり、誰もが満足する計画をつくることは困難ですし、そもそも、まちづくりにおいては正解が一つとは限りません。社会情勢も日々変化しています。だからこそ、より多くの人たちと対話を重ね、ひとりひとりの意見にしっかり向き合うことが今まで以上に重要になっていると考えています。
総合計画策定にあたっても、素案を作る段階から市民との対話を重ねていきます。

「市長と語る かわにしMeeting」に参加を

今月から7月にかけて、市民の皆さんと一緒に、日常を振り返りながら川西市のありたい姿について考える「かわにしMeeting」を、市内14会場で順次開催します。これからのまちのありたい姿について皆さんと語り合い、みんなの想いを共有していきたいと思います。
現在、市のホームページで参加を受け付けています。まちづくりに関する知識などは必要ありませんので、気軽にお申込みください。

申し込みフォームからの参加申し込みはこちら

興味があっても、自ら進んで参加することはハードルが高い、と考える人もいらっしゃると思います。そこで、今回初めての試みとして、15歳から44歳までの若い世代の人の中から無作為で抽出した約1,700名に、「かわにしMeeting」の案内を直接お送りしています。参加の後押しとなれば幸いです。

総合計画の策定に参画していただくことで、将来の川西市をどのようなまちにするかということを「自分事」として考えるきっかけになればと思っています。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 広報広聴課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1104 ファクス:072-755-4145
総合政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。