令和3年7月21日 市長メッセージ「ワクチン接種の計画を順次前倒ししていきます」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013345  更新日 令和3年7月21日 印刷 

 皆さまこんにちは。市長の越田謙治郎です。

 まん延防止等重点措置の指定が解除されてから約10日がたちました。兵庫県ではすでに1日当たりの陽性者数が100人を超えるなどリバウンドが起きています。また、大阪に接する神戸・阪神間を中心に感染が拡大しており、川西市内においても連日陽性者の発生が報告されています。施設の禁止行為など他市に比べ厳しい対策を取っておりますが、引き続き感染対策を実施していきます。

 明日から4連休がはじまります。また、夏休み・お盆休みは同居家族以外の方との交流の機会が増えます。ご本人のワクチン接種の有無にかかわらず、感染リスクが大きいとされる大人数での会食などは自粛をいただくなど、一日も早い収束のため、引き続き感染対策へのご協力をお願いいたします。

 さて、川西市のワクチン接種に関しては、全国平均を上回るスピードで65歳以上の人の1回目接種率が80%を超えました。現在、2回目接種を行うとともに、基礎疾患をお持ちの方、福祉事業所等に従事されている方、60歳~64歳の人の接種を順次開始しています。また、7月21日から55歳~59歳の予約受付も始まりました。

 全国的な予約の受付停止などが報道されていますが、本市では集団接種のみで運用しており、ワクチンの残数と予約数の調整をリアルタイムに行うことができるため、順調に対象年齢の拡大を行っています。加えて、8月中のワクチンの供給量が見通せたことや、現在の予約状況等を総合的に判断し、年代別の接種時期を順次前倒ししていきたいと考えています。
具体的には、50歳~54歳の人は7月26日に予約受付を開始する予定でしたが、これを22日午前9時受付開始に前倒しいたします。予約状況によっては、4連休中にワクチン接種を行うことができます。突然のご報告になり申し訳ありませんが、接種を希望される人に一日も早く接種を行うために、今後も状況に応じて適宜対象の拡大や計画の前倒しを行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 感染対策の徹底とワクチン接種による集団免疫の獲得が、コロナ禍を乗り越えるための大きな柱となります。
若い世代になればなるほど接種率が下がることが懸念されていますが、ご自身の健康はもとより、皆さんの大切な方を守るためにも積極的に接種いただきたいと考えております。

このページに関するお問い合わせ

川西市役所

〒666-8501 川西市中央町12番1号
代表電話:072-740-1111
川西市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。