令和3年4月23日 市長メッセージ「3度目の緊急事態宣言を受けて」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012904  更新日 令和3年4月23日 印刷 

皆さんこんにちは。市長の越田謙治郎です。

「新型インフルエンザ等対策特別措置法」第32条第1項の規定により、4月25日(日曜日)~5月11日(火曜日)までの間、兵庫県を含む4都府県に緊急事態措置が実施されます。本市でも「新型コロナウイルス感染症対策方針」を改定し、4月25日より公共施設の貸館業務を中止するなど、施設利用について制限することとなります。何かとご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

さて、今回の第4波では、従来に比べ感染力が強い変異株により感染拡大が広がっております。医療については、現場の医療従事者にご尽力いただいておりますが、すでに県内でも陽性者が入院できない状況に陥っております。このような状況に対し、市としても職員一丸となって感染対策に取り組んでまいります。

ただ、保健所や医療機関からの情報では、感染する経路や感染対策は従来と変わらないとのことです。したがって、今一度基本に立ち返り、会話時のマスクの着用、手洗いの励行、定期的な換気など基本的な感染対策を徹底することが大切です。特に、間もなくゴールデンウィークを迎えますが、同居している家族以外との会食については、感染拡大の原因の一つであることから、極力避けていただきますようお願い申し上げます。

さらに、学校や職場などでの集団感染防止にもご協力をいただかなければなりません。特に、ご自身の体調がすぐれない場合は、早めにお仕事や学校を休むなど「大事をとる」判断と行動をお願いします。

(注)最下段の3つのポイントを参考にしてください。

今回で3度目の緊急事態宣言となり、市民生活への影響もさらに大きくなると危惧されます。ただ、社会活動を継続するためには、感染が収束することが必要です。市としては、感染対策とワクチン接種に向けた取り組みに職員を最優先して従事させるため、既存の事業などについては、今後の状況に応じて実施を見送る場合もありますので、ご理解いただければ幸いです。

感染防止の3つのポイント

  1. マスク着用、手指消毒、換気など感染対策を徹底しましょう。
  2. 同居家族以外との会食は極力避けましょう。
  3. 体調が悪ければ「大事をとって」学校や職場を休みましょう。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 広報広聴課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1104 ファクス:072-755-4145
総合政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。