令和2年11月24日 市長メッセージ「危機感を持ってコロナ対策を講じます」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011964  更新日 令和2年11月24日 印刷 

 兵庫県が東京・大阪など感染拡大地域への不要不急の往来自粛や、高齢者、基礎疾患がある方に対する不要不急の外出自粛を要請しました。感染予防対策は、広域的な観点からの統一的な取り組みが必要ですし、川西市としても大きな危機感を持っていることから、市民の皆様に改めて取り組みへのご協力をお願い申し上げます。

 また、感染拡大のスピードが加速し陽性者の報告が増加する中で、県の対処方針より厳しい対応とはなりますが、市独自に公共施設の貸館における、感染リスクが高いとされている行為を一定期間禁止することといたしました。具体的には、貸館内での利用者の飲食や、カラオケ、コーラス、詩吟といった大きな声で発声する行為を禁止行為として設定します。実務的な面について関係部署において調整することを指示いたしました。

 本来、公民館等で実施する活動は、人生を豊かにするために必要な活動であり、市民生活にとって必要不可欠なものです。しかし、このまま感染拡大の傾向がさらに続けば、医療崩壊を引き起こしかねません。大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

 さらに、川西市としては、兵庫県の保健所に対し市職員(保健師)を応援派遣する方向で調整に入りました。第3波といわれる状況に危機感を強く持っていることから、行政の縦割り組織を超えて総力戦で乗り切っていきたいと考えています。

このページに関するお問い合わせ

川西市役所

〒666-8501 川西市中央町12番1号
代表電話:072-740-1111
川西市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。