令和2年4月7日 市長メッセージ「緊急事態宣言を受けて」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010588  更新日 令和2年4月7日 印刷 

緊急事態宣言を受けて

 4月7日の「緊急事態宣言」の発令を受け「川西市新型コロナウイルス感染症対策本部」を招集し、同会議を4月8日午前0時より「新型インフルエンザ等対策特別措置法」第34条で規定する対策本部として位置づけることを決定しました。

 川西市は、新型コロナウイルスという未知の感染症に対し、全職員一丸となり市民の生命と生活を守るため全力で取り組んでまいります。

日常生活は継続します

 ここから、市民の皆さんにお願いがあります。

 それは、緊急事態宣言が発令された後も、慌てることなく、他人に対する思いやりをもった行動をお願いしたいということです。

 市民の皆さんも初めてのことで、先行きの見えない不安な気持ちだと思います。ただ、明日の朝も変わらないことがたくさんあります。

 たとえば、皆さんのご家庭の蛇口からは、明日の朝も安全な水が出ます。ご家庭のごみは予定通り回収します。119番に電話をすれば消防署につながります。多くの医療機関、福祉施設等が従来通りの業務を継続してくれます。

 川西市内の多くのスーパーやコンビニエンスストアが営業を継続するとのこと。日常品は、マスクなど一部の商品を除き通常通り購入できます。今日売り切れたとしても翌日にはまた棚に並びます。だから、買いだめも必要ありませんので安心してください。

 もちろん、私たち川西市役所も、多くの職員が明日も市民の皆さんのために働きます。

皆さんにご協力いただきたいこと

 一方で、これらの日常生活を守るために、市民の皆さんにご協力をいただきたいことがあります。

 まずは、ご自身が感染しないように感染予防に取り組んでください。そんなに難しいことではありません。「手洗い」や「うがい」といった標準的に実施すべき対策を徹底することが効果的です。たとえば「いつもより10秒だけ丁寧に手を洗う」こういったことから始めていただきたいと思います。

 たくさんの人数で集まってお話をしたり、食事をしたりする。これらはすべて「何気ない日常」には必要なものですが、その中には、いわゆる「3密」が重なるケースがたくさんあります。もし、あなたが感染者だったら、大切な友人に感染させるかもしれません。皆さんの大切な人のために協力してください。

 大変な日々が続きますが、少し生活のスタイルを変えて、小さな楽しみを見つけてみませんか。いつもと違う毎日の中にも、新しい発見は必ずあると思います。

 今回、新型コロナウイルス感染症によって、社会は大きな影響を受けています。今は失われている私たちにとって大切な「何気ない日常」の幸せを一日も早く取り戻すために、皆さんとともにこの難局を乗り切っていきたいと思います。

このページに関するお問い合わせ

川西市役所

〒666-8501 川西市中央町12番1号
代表電話:072-740-1111
川西市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。