エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳くらし消費生活消費生活センターから緊急情報 › 【最新】市職員をかたった還付金詐欺が多発しています!


ここから本文です。

【最新】市職員をかたった還付金詐欺が多発しています!

更新日 平成29年10月26日ID番号 K19062印刷

川西警察からのお知らせ

【最新】市職員をかたり、キャッシュカードをだまし取って、現金を引き出されてしまう還付金詐欺が多発しています!

  • 川西署管内で、市役所職員や金融機関の職員をかたり、還付金の手続きのためにとキャッシュカードをだまし取って、現金が引き出されてしまう還付金詐欺の被害が発生しています。
  • 手口は、自宅に市役所の職員を名乗って「医療費の還付金があります。送金の手続きをとるので、どこの銀行がよろしいですか?」と電話があります。銀行名を答えると、次は金融機関の職員を名乗って手続きをするためにキャッシュカードを預かります。暗証番号を教えてください」と電話があります。金融機関の職員を名乗って取りに来た人にキャッシュカードを渡した後すぐに、現金が引き出されて被害にあってしまうというものです。
  • 不審な電話が架かってきたときは、一人で悩まず川西警察署 電話(755)0110までご相談ください。


平成29年10月発行の振り込め詐欺ニュースのチラシの画像

市職員をかたり、ATMに誘導させる還付金詐欺が多発しています!

  • 市役所や金融機関などの職員を名乗り、医療費等の還付金手続きのためにATMへ誘導して送金させる「還付金詐欺」の相談が寄せられています。
  • 警戒が厳しい金融機関のATMではなく、コンビニやスーパー、最近では病院や市役所のATM へ誘導するケースが見られます。
  • 期限が今日まで」などとせかし、冷静に考えたり周囲に相談したりする余裕を与えません。一度支払ってしまうと、お金を取り戻すことは極めて困難になります。
  • 公的機関の職員が還付金受け取りのためにATM 操作を行うよう電話をすることはありません。
  • 不審に感じたら、すぐに川西警察署 電話(755)0110消費生活センター 電話(740)1167までご相談ください。

「還付金詐欺」注意喚起チラシ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

消費生活センター
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1167 ファクス:072-740-1168
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン