地域分権推進基本方針(平成25年11月)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001588  更新日 平成30年3月8日 印刷 

地域分権推進基本方針を策定しました

市では、地域住民が主体となって地域課題の解決に当たるため、一定の権限と財源を地域に移譲する地域分権制度の構築について検討を進めてきました。

制度検討の一環として、平成23年度には、概ね小学校区ごとに地域別懇談会を開催し、「地域のありたい姿」を地域の皆さんと検討しました。平成24年度には、「地域夢・未来カフェ」と題したワークショップを開催し、「地域のありたい姿」を実現するためのしくみはどうあるべきか協議を重ねました。その後、さらに検討を加え、このたび、地域分権推進基本方針を策定しました。

今後は、平成27年度からの本格実施に向けて、基本方針に基づき、地域における体制づくりや地域別計画の策定などを、地域と市との協働作業で進めていく予定です。


PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 参画協働課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1600 ファクス:072-740-1322
総合政策部 参画協働課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。