空き家活用リフォーム助成

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007030  更新日 令和1年11月29日 印刷 

助成事業の背景

空き家イメージ

 川西市は、これまで住宅都市として良好なまちづくりが進み、美しい住環境がつくられてきました。しかし、近年の人口減少により空き家が増加し、築き上げられたまちの魅力が損なわれることが懸念されています。まちの魅力が低下することでさらなる空き家増加の悪循環に陥ることもあります。
 使われなくなった住宅を流通させ、地域に新たな人が移住することで、空き家による住環境の悪化を防ぎ、地域は活性化し、都市の魅力が向上します。
 若年世帯の移住促進と空き家の活用を図るため、本助成事業を実施します。

 

お知らせ

令和元年度の空き家活用リフォーム助成の受付は、11月29日金曜日で終了しました。

リフォーム助成事業のご案内

若年・子育て世帯居住型

築10年以上の空き家を自身の居住用に取得して改修する若年・子育て世帯に対し、改修にかかる費用の一部を補助します。

地域交流拠点型

地域交流拠点として活用するために築20年以上の空き家を改修する事業者や団体などに対して、改修にかかる費用の一部を補助します。

新婚・子育て世帯向け賃貸住宅供給支援型

分譲開始から30年以上が経過したニュータウンの空き家を新婚・子育て世帯向けの賃貸住宅とする個人や事業者などに対して、改修にかかる費用の一部を補助します。

関連情報(参考)

市街化区域以外の区域に存する戸建て住宅や共同住宅の空き家における助成事業

 兵庫県では、市街化区域以外に存する戸建て住宅や共同住宅の空き家を対象に、居住などの活用に向けた改修工事費の一部を助成しています。詳しくは下記リンクを参照の上、兵庫県 県土整備部 住宅建築局 住宅政策課(078-341-7711 内線4641)までお問い合わせ下さい。

リフォーム相談と改修業者選定(参考)

 ひょうご住まいサポートセンターでは、建築(住宅)の専門技術的問題について、建物設計事務所を営んでいる建築士がお応えする専門相談(要予約制)を実施しています。詳しくは、ひょうご住まいサポートセンターのホームページ内「住まいの相談事業」をご覧ください。
 また、兵庫県では、リフォームトラブル防止などのため、住宅改修業者登録制度を設け、登録業者情報を公開しています。最寄りの県民局土木事務所で登録業者名簿を閲覧することもできますし、ひょうご住まいサポートセンターのホームページ内「住宅改修業者登録制度」でもご覧頂けますので、改修業者の選定にお困りの方は参考にご覧下さい。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 住宅政策課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1205 ファクス:072-740-1317
都市政策部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。