一庫ダムの事前放流の実施について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009311  更新日 令和1年9月2日 印刷 

一庫ダムの事前放流の実施について

 一庫ダムでは、平成30年7月豪雨において異常洪水時防災操作(注1)を行ったことを受け、洪水調節(注2)の機能向上となる事前放流の検討をしてきました。このたび、検討が完了し、令和元年9月1日から事前放流を実施することとしました。
 この事前放流は、計画規模を上回る洪水が想定された場合に、予めダム貯水位を下げておくことで、洪水調節容量を使い切ることを回避(異常洪水時防災操作移行の回避)、もしくは異常洪水時防災操作移行の遅延を図り、ダム下流の浸水被害の軽減及び避難時間をかせぐことができます。

(注1)異常洪水時防災操作:ダムの貯水容量が満杯になるとダムに貯め込むことができなくなるため、ダムに流れ込んだ量と等しくなるまで放流量を増加させる操作。
(注2)洪水調節:大雨により、ダムに流れ込む水の一部をダムに一時的に貯め込んで、ダムから下流に流す量を減らし、下流の河川水位を低減させる操作。

問い合わせ先

 独立行政法人 水資源機構 一庫ダム管理所 電話 072-794-6671

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1145 ファクス:072-740-1320
総務部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。