(仮称)川西市犯罪被害者等支援条例(案)要綱への意見提出手続を実施します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009240  更新日 令和1年9月2日 印刷 

 市では、このたび、(仮称)川西市犯罪被害者等支援条例(案)要綱を作成しましたので、川西市参画と協働のまちづくり推進条例(平成22 年川西市条例第16 号。)第9 条の規定に基づき、この案に対する市民の皆さんからの意見を募集します。
 誰もが、ある日突然犯罪等に巻き込まれるおそれがあります。犯罪等に巻き込まれた被害者やその家族又は遺族は、十分な支援を受けられず社会において孤立することを余儀なくされてきました。
さらに、犯罪等による直接的な被害にとどまらず、周囲の無理解や配慮に欠けた対応による間接的な被害に苦しめられることも少なくありません。
 犯罪被害者等が、このような被害状況から回復し、再び地域社会の一員として平穏な生活を営むための支援を行うことを目的に、国において、平成17 年に「犯罪被害者等基本法」が施行され、同法第5 条では地方公共団体の責務として「地方公共団体は、基本理念にのっとり、犯罪被害者等の支援等に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、その地方公共団体の地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。」ことと規定されています。
 市では、こうした犯罪被害者等の支援に関する施策を総合的に推進するため、(仮称)川西市犯罪被害者等支援条例の制定に取り組んでいます。皆様の声を条例に反映させるため、ご意見を募集します。

意見の募集期間

令和元年9月2日(月曜日)から令和元年10月1日(火曜日)まで

案の公表方法

 ホームページでの公表のほか、以下の場所で閲覧することができます。

 生活相談課(本庁舎2階)、市政情報コーナー(本庁舎2階)、大和行政センター及び市内公民館(川西南公民館、川西公民館、明峰公民館、多田公民館、緑台公民館、けやき坂公民館、清和台公民館、東谷公民館、北陵公民館、黒川公民館)、各コミュニティセンター(牧の台会館、多田東会館、加茂ふれあい会館、満願寺ふれあい会館)、アステ市民プラザ、中央図書館、パレットかわにし

意見の提出方法

 書式は自由です。案件名、氏名、住所(川西市外にお住まいのかたについては、市内在勤、市内在学、当該案件に係る利害関係人のいずれかに該当するか。)、年齢を記入のうえ、次のいずれかの方法で提出してください。

  1. 郵送 〒666-8501 川西市中央町12番1号 川西市役所生活相談課あて
  2. ファクス 072-740-1168
  3. 電子メール kawa0178@city.kawanishi.lg.jp
  4. 市ホームページ ページ下部の「お問い合わせ専用フォーム」からも意見を提出することができます。

その他

 お寄せいただいた意見は、市の検討結果とともに公表します。ただし、氏名などの個人情報は公表しません。
 なお、電話での意見の受け付けや、意見に対する個別の回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 生活相談課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1333 ファクス:072-740-1168(電話番号はよく確かめておかけください。)
市民環境部 生活相談課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。