新型コロナウイルス感染症に係る留守家庭児童育成クラブ育成料の減額申請について【令和3年4月分以降の育成料について】

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014076  更新日 令和3年10月12日 印刷 

減額申請手続きについて

 令和3年4月以降に在籍クラブが新型コロナウイルス感染症により臨時休所となったかた、および出席予定であったにも関わらず新型コロナウイルス感染症に関する出席停止により留守家庭児童育成クラブを欠席されたかたは、該当する日数の育成料を日割り計算して減額いたします。
 該当があるかたにつきましては、下記書類に必要事項をご記入いただき、該当月の翌月10日(10日が休庁日の場合は翌開庁日)【期限厳守】までに、在籍クラブもしくは川西市役所こども支援課までご提出をお願いいたします。必要書類の提出がない場合、減額の手続きを行うことができませんので、該当されるかたは期限厳守の上、必ずご提出をお願いいたします。また、ご提出いただいた内容を審査した結果、減額対象とならないこともありますので、ご了承ください。
 なお、インフルエンザなど、新型コロナウイルス感染症以外の理由による欠席につきましては、減額対象となりませんのでご注意ください。

(注)申請書は、在籍クラブと川西市役所こども支援課にもございます。このページからダウンロードできないかたは、お問い合わせください。

 

減額方法について

 令和2年4月分以降の育成料の減額金額は、6月分以降の育成料から差し引き調整させていただく予定です(原則該当月の翌々月以降の育成料に充当します)。

 以下の場合については還付となりますので、口座振込依頼書通帳のコピーも併せてご提出ください。

  • 該当月の翌月末までにクラブを退所することが決定しているかた
  • 該当月が2月もしくは3月の場合

 また、のちに充当月の前月までに退所が決まった場合は、還付手続きの案内をさせていただきます。

 状況により、取り扱いが変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

新型コロナウイルス感染症に関する出席停止について

 出席停止の条件は、期間によって異なります。

令和3年10月1日(金曜日)からの出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 新型コロナウイルスに感染した⇒保健所から指示された自宅等への待期期間(入院の場合、入院期間を含む)を出席停止とする。
  • 濃厚接触者と認定された⇒保健所から指示された自宅待機の期間を出席停止とする。
  • 医師や保健所の指示でPCR検査を受ける⇒結果が判明するまでの期間を自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 発熱や倦怠感、喉の違和感などの風邪症状(ワクチン接種の副反応による発熱等を含む)がある(アレルギー疾患等、別の疾患によるものと判明した場合は、この限りではない)⇒症状が消失するまで出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)
  • 感染が心配で登所を見合わせる⇒(1)同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると こども支援課長判断する場合は出席停止とする(2)児童が通っている文化・スポーツ教室や地域活動等で新型コロナウイルス感染者が確認され、感染が心配で登所を見合わせる場合は出席停止とする。
  • 医療機関等において新型コロナワクチンの接種を受ける場合⇒相談の上、出席停止扱いとすることができる。

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 新型コロナウイルスに感染した⇒保健所から児童に対して指示された期間を、自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 医師や保健所の指示でPCR検査を受ける⇒家族等の検査結果が判明するまでの期間を、児童も自宅待機期間とし出席停止とする。
  • 発熱や倦怠感、喉の違和感などの風邪の症状(ワクチン接種の副反応による発熱等を含む)がある(アレルギー疾患等、別の疾患によるものと判明した場合は、この限りではない)⇒家族等の症状が消失するまで、児童も自宅待機とし、出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)

令和3年8月26日(木曜日)から令和3年9月30日(木曜日)の出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した⇒保健所から指示された自宅等への待期期間(入院の場合、入院期間を含む)を出席停止とする。
  • 濃厚接触者と認定された⇒保健所から指示された自宅待機の期間を出席停止とする。
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受ける⇒結果が判明するまでの期間を自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 発熱などの風邪症状(ワクチン接種の副反応による発熱等を含む)がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)⇒症状が消失するまで出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)
  • 味覚障害や倦怠感などで新型コロナウイルス感染が疑われる⇒登所を控え自宅待機とし、出席停止とする。
  • 感染が心配で登所を見合わせる場合は、出席停止とする。
  • 医療機関等において新型コロナワクチンの接種を受ける場合⇒相談の上、出席停止扱いとすることができる。

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した⇒保健所から児童に対して指示された期間を、自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受ける⇒家族等の検査結果が判明するまでの期間を、児童も自宅待機期間とし出席停止とする。
  • 発熱等の風邪の症状(ワクチン接種の副反応による発熱等を含む)がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)⇒家族等の症状が消失するまで、児童も自宅待機とし、出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)

令和3年7月13日(火曜日)~令和3年8月25日(水曜日)の出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した⇒保健所から指示された自宅等への待期期間(入院の場合、入院期間を含む)を出席停止とする。
  • 濃厚接触者と認定された⇒保健所から指示された自宅待機の期間を出席停止とする。
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受ける⇒結果が判明するまでの期間を自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 発熱などの風邪症状(ワクチン接種の副反応による発熱等を含む)がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)⇒症状が消失するまで出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)
  • 味覚障害や倦怠感などで新型コロナウイルス感染が疑われる⇒登所を控え自宅待機とし、出席停止とする。
  • 感染が心配で登所を見合わせる⇒(1)同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると こども支援課長が判断する場合は出席停止とする(2)児童が通っている文化・スポーツ教室や地域活動等で新型コロナウイルス感染者が確認され、感染が心配で登所を見合わせる場合は出席停止とする)
  • 医療機関等において新型コロナワクチンの接種を受ける場合⇒相談の上、出席停止扱いとすることができる。

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した⇒保健所から児童に対して指示された期間を、自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受ける⇒家族等の検査結果が判明するまでの期間を、児童も自宅待機期間とし出席停止とする。
  • 発熱等の風邪の症状(ワクチン接種の副反応による発熱等を含む)がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)⇒家族等の症状が消失するまで、児童も自宅待機とし、出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)

令和3年6月21日(月曜日)~令和3年7月12日(月曜日)の出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した⇒保健所から指示された自宅等への待期期間(入院の場合、入院期間を含む)を出席停止とする。
  • 濃厚接触者と認定された⇒保健所から指示された自宅待機の期間を出席停止とする。
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受ける⇒結果が判明するまでの期間を自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 発熱などの風邪症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)⇒症状が消失するまで出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)
  • 味覚障害や倦怠感などで新型コロナウイルス感染が疑われる⇒登所を控え自宅待機とし、出席停止とする。
  • 感染が心配で登所を見合わせる⇒(1)同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると こども支援課長が判断する場合は出席停止とする(2)児童が通っている文化・スポーツ教室や地域活動等で新型コロナウイルス感染者が確認され、感染の可能性が否定できないなど、感染が心配で登所を見合わせる場合は出席停止とする)

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した⇒保健所から児童に対して指示された期間を、自宅待機期間とし、出席停止とする。
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受ける⇒家族等の検査結果が判明するまでの期間を、児童も自宅待機期間とし出席停止とする。
  • 発熱等の風邪の症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合、もしくは、新型コロナワクチン接種の副反応による発熱等の症状がある場合は除外可)⇒家族等の症状が消失するまで、児童も自宅待機とし、出席停止とする。(発熱症状に対して、解熱剤を使用したときは、解熱剤を使用せずに、37.4℃以下の状態が24時間以上続いていることを確認してください。)

令和3年4月27日(火曜日)~令和3年6月19日(土曜日)の出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した
  • 濃厚接触者と認定された
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受けた
  • 発熱などの風邪症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)
  • 味覚障害や倦怠感などで新型コロナウイルス感染が疑われる
  • 感染が心配で登所を見合わせた(1)同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると こども支援課長が判断する場合(2)児童が通っている文化・スポーツ教室や地域活動等で新型コロナウイルス感染者が確認され、感染の可能性が否定できないなど、感染が心配で登所を見合わせる場合)

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した(保健所から児童に対して指示された自宅待機期間)
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受けた(家族等の検査結果が判明するまでの期間を児童も自宅待機期間とし出席停止)
  • 発熱等の風邪の症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない。家族等の症状が消失するまで児童も自宅待機とし出席停止)

令和3年4月19日(月曜日)~令和3年4月26日(月曜日)の出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した
  • 濃厚接触者と認定された
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受けた
  • 発熱などの風邪症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)
  • 味覚障害や倦怠感などで新型コロナウイルス感染が疑われる
  • 感染が心配で登所を見合わせた(同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると こども支援課長が判断する場合に限り、出席停止)

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した(保健所から児童に対して指示された自宅待機期間)
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受けた(家族等の検査結果が判明するまでの期間を児童も自宅待機期間とし出席停止)
  • 発熱等の風邪の症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない。家族等の症状が消失するまで児童も自宅待機とし出席停止)

令和3年4月1日(木曜日)~令和3年4月17日(土曜日)の出席停止の条件

児童本人が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した
  • 濃厚接触者と認定された
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受けた
  • 発熱などの風邪症状がある(花粉症等、医師により症状の原因が特定されている場合は、この限りではない)
  • 味覚障害や倦怠感などで新型コロナウイルス感染が疑われる
  • 感染が心配で登所を見合わせた(同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると こども支援課長が判断する場合に限り、出席停止)

同居する家族等が以下の状況となった場合

  • 感染が判明した(保健所から児童に対して指示された自宅待機期間)
  • 医師や健康福祉事務所の指示でPCR検査を受けた(家族等の検査結果が判明するまでの期間を児童も自宅待機期間とし出席停止)

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども未来部 こども支援課(入園所担当)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1175(電話番号はよく確かめておかけください)
こども未来部 こども支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。