令和3年11月から胃がん(内視鏡)検診を開始

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013911  更新日 令和3年10月7日 印刷 

指定医療機関で胃カメラ検査を実施

 市が実施する胃がん検診において、これまで実施してきたバリウム検査に加えて、内視鏡(胃カメラ)の検査を新たに開始します。

検診内容

問診、内視鏡検査
(生検を実施する場合は、保険診療となります)

対象者 50歳以上の川西市民
料金

3,000円
(満70歳以上、生活保護世帯、世帯全員が市民税非課税、65歳以上70歳未満の人で後期高齢者医療制度加入の人は2,000円)

(川西市国民健康保険加入者は2,000円)

受診機関

令和3年(2021年)11月1日~
(実施日は、医療機関による)

受診間隔

2年度に1回
(注)年度内は、胃がん(バリウム)検診と胃がん(内視鏡)検診のいずれかのみ受診できます

(注)胃がん(内視鏡)検診を受診した翌年は、胃がん(バリウム)検診も受診できません

 

胃がん(内視鏡)検診を取扱う医療機関

11月に公開予定です。予約・お問い合わせは、11月以降にお願いします。

 

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 健幸政策課

〒666-0016 川西市中央町12番2号 市役所北隣り 保健センター内
電話:072-758-4721 ファクス:072-758-8705
健康増進部 健幸政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。