新型コロナウイルスの影響により生活でお困りの方へ総合相談窓口のご案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010437  更新日 令和2年6月11日 印刷 

くらしとしごとの総合相談窓口を開設

くらしとしごとの総合相談窓口について

 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって休業や廃業で減収となり、生活にお困りの方への総合相談窓口を開設しました。

8月31日まで開設期間を延長します
新型コロナウイルス感染防止のため、相談は予約制とさせていただきます

生活困窮・生活保護窓口

 相談・就労支援員が皆さんの困りごとをじっくりと伺い、整理をし、各個人ごとに則したプランを作成し、支援を行います。

 「新型コロナウイルスの影響で仕事を失い、収入が大幅に減り家賃が払えない」などの場合は、家賃の支援や就労に向けた支援を行います。

 また、生活の維持が困難な世帯には、生活保護の受給について、ご相談を伺います。

生活福祉資金窓口

 生活が一時的に困窮している低所得世帯へ必要な生活費の一部を貸付する制度があります。現在、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて特例貸付を実施しています。

(注)本制度は返済の必要がある貸付です。給付ではないのでご注意ください。

連絡先

午前9時から午後5時まで

生活困窮・生活保護窓口 072-744-6186(相談の受付は午後4時まで)

生活福祉資金窓口 072-744-6187(相談の受付は午後3時30分まで)

Eメール kawa0027s@city.kawanishi.lg.jp

ファクス 072-740-1214 

場所

川西市役所2階 202会議室

開設期間

令和2年4月20日(月曜日)から令和2年8月31日(月曜日)まで

住居確保給付金に関する情報について

 住居確保給付金は就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を自治体から家主さんへ支給します。令和2年4月20日よりコロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、対象が拡大されました。

LINEを使用して相談ができます

LINE(ライン)を使用した生活の困りごとの相談を受け付けています。新型コロナウイルスの影響で生活に困っている方や平日に相談できない方も相談できます。

働く方と経営者の方への支援に関する情報

 下記のリンクから厚生労働省の新型コロナウイルス感染症のページが開きます。
 働く方と経営者の皆さまへという項目が表示され、融資、助成金、貸付けなどの情報が掲載されています。働く方と経営者の方への支援をひとまとめにしたリーフレットもダウンロードできます。

公共料金(水道、下水道除く)に関する情報について

 公共料金(NHK、電気、ガス、固定電話・携帯電話の使用料)について、事業者により特別措置が講じられている場合がありますので、内容や対象、条件など、ご利用の事業者のホームページで確認するかお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 地域福祉課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1172(地域福祉担当) 072-740-1174(高齢者福祉担当)072-740-1189(生活困窮担当) ファクス:072-740-1311(電話番号はよく確かめておかけください。)
福祉部 地域福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。