エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳子ども・教育学校教育全般 › 災害時の対応について


ここから本文です。

災害時の対応について

更新日 平成28年3月18日ID番号 K19896印刷

災害時の対応

市立幼稚園、小・中学校、川西養護学校における災害時対応は、下記のとおりです。

川西市に気象警報(暴風・大雨・洪水、大雪)または特別警報(暴風、大雨、大雪)のいずれかが発表された場合
(注)川西養護学校については、川西市・猪名川町のいずれかに上記警報が発表された場合


午前7時現在
気象警報「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」又は特別警報「暴風」「大雨」「大雪」のいずれかが発表された場合

自宅待機


午前9時までに「警報」が解除時、または 「注意報」に切り替えられた時
(川西養護学校については、午前8時)

安全に注意して登校園する。


午前9時現在 引き続き「気象警報」又は「特別警報」が発令中
(川西養護学校については、午前8時)

臨時休業とする。


登校園途中または登校園後、「気象警報」又は「特別警報」のいずれかが発令された場合

下校園させるか、校園内に待機させるかなど、校園長が判断し、適切な措置を講じる。
(注)特別警報は、数十年に一度の強風や大雨、大雪が発生する状況となることから、その状況 下の中、下校させることは危険ですので、学校園での待機とします。


「大雪警報」が発令されている場合

  • 午前7時現在 自宅待機(川西養護学校については臨時休校)
  • 午前9時現在 臨時休校

9時までに、「大雪警報」が解除されても積雪状況が問題であり、危険が予測される場合は、校園長の判断で速やかに臨時休業の措置を講じる。


地震の場合

登校園以前

校園区内に甚大な被害が発生し、安全確保が困難であると校園長が判断した場合は、「臨時休業」とする。

登校園途中または登校園後

安全確保に努めながら下校園させるか、校園内に待機させるかなど、校園長が判断し、適切な措置を講じる。


その他留意事項

1.保護者の判断において、子どもの安全面で登校園が危険だと思われたら無理に登校園させない。

2.学校給食については、9時まで(川西養護学校においては8時まで)に警報が解除された時刻によって  給食実施(簡易給食の可能性もあり)の有無等を判断します。なお、最終判断は9時時点で学校長が  判断いたします。

3.警報や注意報の発表状況についてのお知らせは、回線数等の関係で学校からは連絡いたしません。  各家庭でテレビやインターネット等でご確認ください。


このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 教育推進部 学校教育室 学校指導課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン