エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市長の部屋市長メッセージ平成27年度 バックナンバー › 平成27年5月1日市長メッセージ


ここから本文です。

平成27年5月1日市長メッセージ

更新日 平成27年5月18日ID番号 K18441印刷

 風薫るさわやかな季節となりました。ゴールデンウィークに、色々な計画を立てておられるかたも多いでしょう。
 さて、スポーツの分野で活躍されている本市出身のプロ選手がたくさんいらっしゃいますが、先月、プロテニスプレーヤーとして世界を舞台に快進撃をしている奈良くるみさんが表敬訪問してくれました。奈良さんには、平成21年に「市民スポーツ賞」をお贈りし、同年「2009年の川西をイメージする漢字1文字」に決定した「金」の文字を揮毫(きごう)していただいています。
 奈良さんは、昨年2月に日本女子ではクルム伊達公子選手以来となるリオ・オープンでの優勝を果たしました。その後、4大大会のひとつ、全米オープンにシード選手として出場するなど、世界中から注目されるトッププレーヤーの一人です。
 プロテニス選手として一年の半分以上を海外で過ごされるとのことで、たまのオフに川西に戻られたときにはご家族や友人とのひとときを楽しまれているそうです。慣れ親しんだ川西に帰ってくるとホッとすると言われており、嬉しく思いました。
 小柄な体で、大型選手をも圧倒するプレーで私たちを魅了してくれる奈良さんですが、意外なことに「試合前はかなり緊張する」と言われています。よい緊張感が持ち味を発揮するプレーにつながるのでしょう。ケガで思うようにプレーできず苦しい時期もあったそうですが、次の課題も見つかるなど充実した遠征だったと話されていました。奈良さんの今後ますますの活躍を期待し、引き続き応援していきたいと思います。


奈良くるみプレーの写真
奈良くるみさんと市長の対談の様子

過去の金時まつりの様子

 さて、5月5日はこどもの日です。毎年、この日に川西市の飛び地に位置する満願寺で「金時まつり」が行われます。
 金時まつりは昭和61年から行われているまつりで、名前の由来は、川西市にゆかりの深い源頼光(みなもとのらいこう)の家来で、頼光の四天王の一人として大江山の鬼退治などで活躍したと伝えられている「坂田金時」に由来するものです。この坂田金時のお墓が川西市の満願寺にあるといわれています。坂田金時の幼名は「金太郎」で、本市のキャラクター「きんたくん」のモチーフにもなっています。金太郎は、山で熊と相撲を取ったり、馬の稽古をしたり、元気な子どもの象徴的な存在として知られていますが、金太郎のような元気な子どもになりますようにと、子どもの健康や安全を祈願し、まつりが始まりました。当日は、午後1時から川西観光プリンセスが約1,000個の餅をまく「餅まき」などが行われる予定です。ぜひお越しください。


総会の様子

  写真は、去る4月26日に開催された「平成27年度多田小学校区コミュニティ推進協議会総会」の様子です。多田小コミュニティでは、今年度からスタートする地域分権制度を活用しようと協議を進めて来られました。総会では、地域づくりの羅針盤となる地域別計画のほか、地域づくり一括交付金を活用した27年度の事業計画・予算案などが地域住民の皆さんに承認されました。地域によって進め方は様々ですが、各コミュニティでは、地域分権による地域づくりを進めようと熱心な話し合いが進められており、今後、さらに活発な地域活動が期待されます。住民の力を結集したコミュニティ組織の活動をこれからも支援してまいります。多くの市民の皆さんが地域の活動に関わっていただきたいと切望しています。今後ともご理解とご協力をお願いします。


バックナンバー

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書室
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン