エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳福祉・介護・健康戦没者等の遺族に対する特別弔慰金 › 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回特別弔慰金)


ここから本文です。

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回特別弔慰金)

更新日 平成29年11月29日ID番号 K18477印刷

平成27年4月1日より、第十回特別弔慰金の請求受付が始まりました。

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回)のご案内について

手続きの期限は平成30年4月2日です

 前回(第八回または第九回)の特別弔慰金について、川西市で手続きをされたかたに対し、平成27年7月にご案内をお送りしました。
 この手続きには、確認事項などお一人につき30分から1時間程度お時間をいただくこととなりますので、長時間お待ちいただくことが考えられます。皆さまの待ち時間を少しでも少なくするため、案内には、手続きの日程を入れております。
 皆さまのご都合で、記載日にお越しになることができない場合は、別の日に請求手続きをしてください。
 また、9月以降にお越しいただければ、待ち時間を少なくスムーズに対応できますので、ご協力いただきますようお願いします。

 ただし、第八回、第九回の特別弔慰金の手続きをされたかたが、その後お亡くなりになられ、戦没者のご遺族の中で、第十回特別弔慰金を請求する権利のあるかたがいない場合は、このご案内を破棄いただきますようお願いいたします。 


特別弔慰金とは

 戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。
 今般の法改正による特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔意の意を表するため、償還額を年額5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することとしています。
厚生労働省


第十回特別弔慰金について

 第189回国会で成立した戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律に基づき、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第十回特別弔慰金)が支給されることになりました。


支給対象者

 平成27年4月1日(基準日)において、恩給法による公務扶助料戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金等を受けるかた(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給します。

戦没者等の死亡当時のご遺族で

  1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得したかた
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の1父母、2孫、3祖父母、4兄弟姉妹(戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。)
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族甥・姪等(戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していたかたに限ります。)

支給内容

  • 額面 25万円(5年償還の記名国債)

請求期間

平成27年4月1日から平成30年4月2日まで
(注)請求期間が過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。


川西市にお住まいのかたの手続き窓口

川西市 健康福祉部 福祉推進室 福祉政策課

(注)川西市以外にお住まいのかたは、お住まいの市区町村で手続きをお願いします。


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 福祉政策課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1172 ファクス:072-740-1311
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン