エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページよくあるご質問税金市県民税 › 年度途中で市・県民税額に変更があった場合はどうなりますか。


ここから本文です。

市県民税について よくある質問

更新日 平成29年12月1日ID番号 K10210印刷

質問 年度途中で市・県民税額に変更があった場合はどうなりますか。

回答

  1. 給与から特別徴収(引き落とし)されているかた
     特別徴収額が変更され、すでに納めていただいた税額と合わせて年税額となるよう調整されます。
  2. 公的年金から特別徴収(引き落とし)されているかた
     公的年金からの特別徴収は中止となります。 すでに納めていただいた税額と合わせて年税額となるよう調整します。調整後納付する額のある場合、納付書や口座振替で納めていただく(普通徴収)ことになります。減額となり、納めすぎになっている場合は、精算を行い納め過ぎとなった額を還付します。変更となる時期によって特別徴収中止の時期もかわります。
    (注)なお、この場合でも、翌年度は10月の年金支給分より公的年金からの特別徴収が再開されます。
  3. 普通徴収(個人で納付)のかた
     すでに納めていただいた税額と合わせて年税額となるよう調整します。調整後納付する額のある場合、 新しい納付書がご自宅に届きます。変更前の納付書は使用せず、新しい納付書で納付してください。口座振替で納めていただく方は、納期限が1月末(4期分)までの場合、変更後の金額が口座振替で、納期限が1月末を過ぎた場合は口座振替ができませんので、納付書で納めていただくことになります。減額となり、納めすぎになっている場合は、精算を行い納め過ぎとなった額を還付します。

このページに関するお問い合わせ

総務部 税務室 市民税課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1132
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン