配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方への特別定額給付金に関するお知らせ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010665  更新日 令和2年4月24日 印刷 

随時相談を受付しております

 特別定額給付金の交付にあたり、配偶者やその他親族からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なる等して避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、裏面に記載の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

  1. 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
  2. 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

対象となる配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の要件

次の1~3のいずれかに該当する方

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に住民票が今お住いの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

申出方法

 川西市役所2階特別定額給付金対策チームへ「申出書」を郵送または持参にて提出してください。郵送の場合は内容等の確認が必要となることもあるため、必ず連絡先の電話番号を記入してください。

必要書類

 「申出書」には、配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。

  • 保護命令決定書の謄本又は正本
  • 配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や、DV被害申出確認書
    発行は以下の相談窓口にて対応しています。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う10万円給付に関するDV被害者からの申出手続きについて
令和2年5月1日以降の相談窓口は以下のとおりです。まず電話で連絡をしてください。
電話番号:072-758-0708
開設時間は、平日の午前9時00分~午後5時30分です。

(注)なお、証明書・確認書の発行に際しては、運転免許証やマイナンバーカード、国民健康保険証等の本人及び居住地の特定が可能な確認書類の提示(郵送の場合は、写しの添付)が必要です。

(注)特定定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に、後日送付される申請書により手続きを行う必要があります。

 「申出書」は下の添付ファイル「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」からダウンロードできます。

受付時間

平日の午前9時から午後5時半

お問い合わせ先

川西市特別定額給付金対策チーム
電話番号:072-744-6185

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

特別定額給付金対策チーム

〒666-8501 川西市中央町12番1号
電話:072-744-6185
特別定額給付金対策チームへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。