令和4年2月14日 市長メッセージ「感染拡大に伴い、市役所業務を一部見直し、業務を重点化します」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014871  更新日 令和4年2月14日 印刷 

感染拡大に伴い、市役所業務を一部見直し、業務を重点化します

 皆さまこんにちは。市長の越田謙治郎です。

 感染拡大が続いています。連日、今までとは比べものにならないレベルで陽性者が報告されています。学校園所等においても学級閉鎖等が増加しています。子どもたちや保護者の皆さんにはご負担をおかけしていますが、市としては感染拡大を防ぐことを最優先に判断をしたいと考えています。学校園所等においては、引き続きマスク着用、手洗い手指消毒といった感染対策や、ご本人はもとより同居家族に体調が悪い方がいる場合は早めに欠席するなど、感染拡大防止の取り組みにご協力をお願いします。

 

感染拡大により市の事業に影響が出始めています

 2月に入ってから、市役所においても本人や同居家族が陽性になることで勤務ができない職員が増加しており、事業の進捗に影響が出始めています。市にとって、年度末は1年の中で最も繁忙な時期でもあり、来年度の予算編成、人事異動、当初課税事務、市民の転入転出に関わる事務、入園所などに係る事務など、時期を変更することが難しい業務が重なっています。さらに、市独自で実施している自宅療養者への支援やワクチン接種業務に加え、子育て世帯への臨時特別給付金や非課税世帯への給付事務など、国の経済対策による業務も増加していることから、市民生活を守るため、事業の優先順位を付けたうえで業務を重点化する必要性があると判断しました。

 

一部業務の休止や延期を行います

 もちろん、市の実施する事業は、いずれも市民生活に関わるものであり、「不要不急」なものはありません。しかし、現状のまま事業を継続すると市民の生命にかかわる事業まで実施ができなくなる可能性もあるため、まず2月中においては市民の生命など安全にかかわるものや時期の変更が許されないものを除き、業務の休止や延期を行うよう指示を出しています。市民の皆さんにご不便をおかけするとは思いますし、一定の期間業務を止めることによって、来年度事業においても実施のタイミングが遅くなる可能性がありますが、ご理解いただければ幸いです。

 市としては、市民の皆さんの生活や安全に関する事業、福祉に関する業務については、これまでどおり感染対策を実施しながら継続して取り組みますのでご安心ください。

このページに関するお問い合わせ

川西市役所

〒666-8501 川西市中央町12番1号
代表電話:072-740-1111
川西市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。