令和3年8月3日 市長メッセージ「8月2日からまん延防止等重点措置が実施されました」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013556  更新日 令和3年8月3日 印刷 

 皆さまこんにちは。市長の越田謙治郎です。

 8月2日から、川西市も含めた兵庫県全域がまん延防止等重点措置の対象地域となりました。現在、兵庫県の感染者は激増しており、川西市民の陽性者も連日報告されています。第5波では今まで重症化しにくいと見られていた世代も重症化するといわれており、市としても今まで以上に危機感を持っています。

 市では前回のまん延防止等重点措置が7月12日に解除されてからも、リバウンドを防止する観点から公共施設の禁止行為など市独自の感染拡大防止対策を継続してきました。これらの取り組みについては、8月31日まで継続いたします。また、救急隊と医療機関の連携を再確認するとともに、増加することが予想される自宅療養者について兵庫県とも連携しながら支援する体制を整えています。

 コロナ禍が始まり、おおむね1年半が過ぎ自粛疲れともいえる状況になっていますが、マスクの着用、手洗い、手指消毒、室内の換気など、基本的な感染対策を引き続き徹底していただきますようお願い申し上げます。

 8月1日現在、市在住の65歳以上の高齢者約83%の方が、新型コロナウイルスワクチン接種の2回目を終えています。また、64歳以下の方の接種もおおむね順調に進んでおり、2日から40歳以上、3日から30歳以上の予約を受け付けています。
 さらに、6日からは20歳以上に対象を拡大し、14日からは12歳以上の全ての方の予約を受け付けます。国からのワクチンの供給量が、市が希望する量に満たないことから、9日以降の1回目の予約については、接種会場を総合体育館のみとしておりますが、供給状況に応じて接種いただける体制を整えていきます。どうぞご安心ください。

 現在、年代が下がるごとに接種率も低くなっている傾向があります。ワクチン接種はあくまで任意ではありますが、このコロナ禍を収束させていくためには、一人でも多くの方に接種していただくことが重要です。SNSなどでは科学的根拠がない情報や不安を煽る情報も散見されますが、ワクチン接種が進んだ高齢者の重症化が大きく減っている状況から、ワクチン接種の効果が大きいと言われています。どうかご協力をお願い申し上げます。

このページに関するお問い合わせ

川西市役所

〒666-8501 川西市中央町12番1号
代表電話:072-740-1111
川西市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。