令和2年4月1日 市長メッセージ「新型コロナウイルス感染症に関する今後の発表について」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011010  更新日 令和2年4月1日 印刷 

 本日から新年度が始まりました。例年より短縮した形ではありますが、事務職、技術職、幼稚園教諭、保育職、消防職など40人の新規採用職員を対象に辞令交付式を行い、代表者に辞令を交付しました。

 私から申し上げたのは、市長や上司の顔ではなく、市民や子供たちの顔を見て職務に励んでほしいということ。「誠実」という価値観を大切に職務に励んでほしいと伝えました。

 川西市では、4月より松木茂弘副市長が就任。新たな体制で「かわにし新時代」を形にしてまいります。

新型コロナウイルス感染症に関する今後の発表について

 さて、県内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されてから、約1カ月が経ちました。感染拡大を防止することを主眼において兵庫県と連携しながら対応しておりますが、本日新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、長期戦を予想した体制を整える必要があると考え、下記の通り考え方を整理しました。

 すでに本市でも複数の感染者が確認されており、市民の皆さんから不安の声もお聞きしております。市としては、情報公開の必要性に対する考え方は維持しつつ、全国でさらに感染者数が増加することが予測される中で、連日報道される感染者の数に左右されることなく、しっかりと対策を講じてまいります。
 したがいまして、4月1日より、感染者情報については市ホームページで随時更新していきますが、市として独自に記者発表をすることはなく、原則として、兵庫県の公表資料をもって市の発表に代えさせていただきますので、ご理解いただければ幸いです。

市の基本的な考え方

医療崩壊を防ぎ、市民の生命と健康を守ることを最優先に取り組む。

  • 3密(密閉空間・密集場所・密接場面)の防止
  • 活動の小規模化、参加者の特定
  • 外部団体との活動の禁止

市役所内の既存の事業を見直し、長期戦に備えた体制整備を行う。

  • 危機管理部門と保健衛生部門との連携強化
  • 令和2年度事業における優先業務の選定

感染症予防を最優先としながら、市民生活の影響を最小限にとどめる。

学校の条件付き再開、保育所等の継続実施、健康情報の発信

このページに関するお問い合わせ

川西市役所

〒666-8501 川西市中央町12番1号
代表電話:072-740-1111
川西市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。