エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳税・年金・医療保険国民年金年金の手続きに関するQ&A › 国民年金加入中の配偶者が亡くなり、妻(夫)と子が残されました。


ここから本文です。

国民年金加入中の配偶者が亡くなり、妻(夫)と子が残されました。

更新日 平成29年12月7日ID番号 K3961印刷

遺族基礎年金

  1. 国民年金に加入中の人
  2. 国民年金に加入していた人で60歳以上65歳未満の人
  3. 老齢基礎年金を受けている人や受給資格期間を満たしている人

が死亡した場合に、遺族に支払われる国民年金の給付です。
受けられる遺族は、死亡した人に生計を維持されていた18歳未満(18歳の誕生日の属する年度末まで)の子、または18歳未満(同)の子のいる配偶者です。ただし、1・2の場合は、加入期間のうち3分の1以上保険料の滞納がないこと、平成38年(2026年)4月前の死亡については直近の1年間に保険料の滞納がないことが条件になります。 

平成29年度 年金額
子の数 子のある配偶者の場合 子のみの場合
1人 年額1,003,600円 年額779,300円
2人 年額1,227,900円 年額1,003,600円


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 長寿・保険室 医療助成・年金課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1171
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン