エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳税・年金・医療保険国民年金 › 特別障害給付金


ここから本文です。

特別障害給付金

更新日 平成25年3月31日ID番号 K807印刷

特別障害給付金制度について

 現在の国民年金制度は日本に住所を有していれば、20歳以上60歳未満の方すべてが国民年金に加入しなければなりません。以前の年金制度には国民年金の加入が任意であった人たちがいました。この時代に国民年金に任意加入していなかったことによって、障害基礎年金等の受給権を有しない障害者の方に対し、国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情を考慮して、福祉的措置として「特別障害者給付金制度」が創設され、平成17年4月1日から施行されました。


対象者

国民年金の任意加入の対象となっていたが、任意加入をされていなかった方で

  1. 昭和61年3月以前に被用者年金制度等に加入(または受給)をされていた方の配偶者
  2. 平成3年3月以前の学生

であって、当時、任意加入していなかった期間内に障害の原因となった傷病の初診日があり、現在、障害基礎年金の1級または2級相当の障害の状態にあるかたが対象となります。
 なお、障害基礎年金や障害厚生年金、障害共済年金などを受給できる方は対象となりません。


注意

この給付金の支給は、請求書を受付した月の翌月分からとなりますので、給付金を請求される方は、できる限り早めに請求書を提出してください。


支給額(平成29年度)

  • 障害基礎年金1級相当
    月額51,400円
  • 障害基礎年金2級相当
    月額41,120円

(注)障害者手帳の等級とは異なります。


その他

  1. ご本人の所得が一定以上であるときは、支給が全額または半額に制限される場合があります。
  2. 老齢年金、遺族年金、労災補償等を受給されている場合には、その受給分を差し引いた額の支給となります。(その受給額が特別障害給付金の額を上回る場合は、特別障害給付金は支給されません。)
  3. 経過的福祉手当を受給されている方が特別障害給付金の支給を受けた場合は、経過的福祉手当の支給は停止となります。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 長寿・保険室 医療助成・年金課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1171
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン