エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳税・年金・医療保険国民健康保険 › 交通事故にあったとき(第三者行為)・保険証が使えないとき


ここから本文です。

交通事故にあったとき(第三者行為)・保険証が使えないとき

更新日 平成28年4月1日ID番号 K14241印刷

交通事故にあったとき(第三者行為)

交通事故など他人(第三者)の不法行為等によってケガをした場合の治療費は、原則として当事者同士が責任割合に応じて支払うべきものですが、手続きを行うことで一時的に保険証を使って治療を受けることができます。

 これは、本来当事者が負担すべきものを国保が一時的に立て替え払いをしているものであるため、後日国保から第三者に対して、立て替え払いをした分の責任割合に応じた金額を請求します。

 保険証を使って治療を受ける際は、必ず国民健康保険課に届け出をしてください。


第三者行為による傷病届等申請書・記入例

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 長寿・保険室 国民健康保険課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン