エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ産業・ビジネス情報都市計画 › 川西市景観計画


ここから本文です。

川西市景観計画

更新日 平成27年6月5日ID番号 K18381印刷

川西市景観計画を策定しました


景観計画
景観計画表紙

 本市のこれからの景観形成の基本的な方向性を明確に示すことにより、市民と事業者と市がそれぞれの立場から協働し、川西らしい魅力的な景観の形成を進めて行くために、景観法に基づく「川西市景観計画」を策定しました。また、あわせて景観計画を実現するための川西市都市景観形成条例の改正を行いました。


 市全域で一定規模以上の建築等の行為を行う場合は、着手の30日前までに景観法に基づく届出が必要になります。詳しくは、以下のページをご覧ください。


策定経過

 本市では、平成5年に「川西市都市景観形成条例」を制定し、魅力的な景観を形成するための取り組みを進めてきました。この間、平成16年には景観法が施行され、地方公共団体が景観法に基づく景観計画を策定することにより、法的規制を行うことができる枠組みが設けられました。 
 また、平成25年3月には都市計画マスタープランが策定され、さらには、新名神高速道路の建設やキセラ川西(中央北地区)の土地区画整理事業など、本市の景観形成上大きな影響を与える重要なプロジェクトも進められています。
 このような景観行政を取り巻く環境の変化を踏まえつつ、本市の魅力的な景観の形成をより一層推進するため、平成25年度から2か年で景観法の規定に基づく景観計画の策定を進めました。詳しくはこちらをご覧ください。


景観計画の普及・啓発

これまでの取り組み

 平成27年10月の運用開始を前に、本計画の基本理念である「生活者としての身近な視点から景観を捉え、良好な景観の形成に向けて、市民と事業者と行政による一体的な取組がなされること」について広くお伝えすることを目的として、市内の北部・中部・南部をリレー形式でつなぐフォーラムを開催しました。


第1回北部編


第2回中部編


第3回南部編


番外編(黒川編)


 「景観」の視点から旧黒川小学校を考えるをテーマに、その景観的価値や魅力を実感し、「景観」の視点から今後の在り方について考えることを目的として、旧黒川小学校でフォーラムを開催しました。


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 まちづくり指導室 都市計画課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン