エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ産業・ビジネス情報都市計画川西市景観計画 › 川西市景観計画の策定経過


ここから本文です。

川西市景観計画の策定経過

更新日 平成19年11月26日ID番号 K18377印刷

川西市景観計画(案)に対する意見提出手続(パブリックコメント)

 川西市参画と協働のまちづくり推進条例(平成22年川西市条例第16号)第9条の規定に基づき、川西市景観計画(案)に対する市民等の皆様からの意見を募集しました。


景観行政団体になりました

  平成26年8月1日の市制施行60周年記念日に景観行政団体になりました。


景観行政団体とは

 景観行政団体とは、景観法に基づく景観施策を行う主体であり、景観計画の策定をはじめとする景観法の諸制度を活用した自主的な取り組みが可能になります。
   都道府県、政令指定都市及び中核市は景観法により自動的に景観行政団体となり、その他の市町村は知事と協議し、景観行政団体になることができます。 


景観計画の策定を進めています


能勢口
川西能勢口駅北側

 本市では、平成5年に「川西市都市景観形成条例」を制定し、魅力的な景観を形成するための取り組みを進めてきました。この間、平成16年には景観法が施行され、地方公共団体が景観法に基づく景観計画を策定することにより、法的規制を行うことができる枠組みが設けられました。 
 また、平成25年3月には都市計画マスタープランが策定され、さらには、新名神高速道路の建設やキセラ川西(中央北地区)の土地区画整理事業など、本市の景観形成上大きな影響を与える重要なプロジェクトも進められています。
 このような景観行政を取り巻く環境の変化を踏まえつつ、本市の魅力的な景観の形成をより一層推進するため、平成25年度から2か年で景観法の規定に基づく景観計画の策定を進めていきます。


景観計画とは

 景観計画とは、景観法に基づく法定計画で、今後進めていくべき景観形成の方向性や、景観の規制誘導に関わる具体的な内容を定めるものです。


今後の予定

 景観法が定める行為規制や支援制度などの諸制度を活用しながら景観計画の策定を進め、併せて、本計画を実現するための都市景観形成条例の改正を行います。


このページに関するお問い合わせ

都市政策部 まちづくり指導室 都市計画課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン