エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳届出・証明 › 住民基本台帳ネットワークシステム


ここから本文です。

住民基本台帳ネットワークシステム

更新日 平成25年10月29日ID番号 K534印刷

外国人住民の皆さんにも住基ネットの運用が開始されました

外国人住民の方についても、住基ネット・住基カードの運用が始まりました

   平成25年7月8日から、外国人住民の方についても住基ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始され、これに伴い外国人住民の方の住民票に「住民票コード」を記載することが可能になりました。7月8日時点で川西市に住民登録がある方には、7月中旬ごろ住民票コード通知票を送付いたしました。届かない場合は、市民課までご連絡ください。


外国人住民の方も住基カードが取得できます

   住基ネット運用開始に伴い、希望者は住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることが可能となりました。
 住基カードとは、住基ネットのサービスのひとつとして、住民票コード、氏名、住所などの情報が記録された、高度なセキュリティ機能を備えたカードです。


平成15年8月25日から住民基本台帳ネットワークシステム第2次稼動が始まりました

 平成11年8月に住民基本台帳法が改正され、全国の市区町村を結ぶ住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の構築がスタートし、平成14年8月5日から第一次稼動として全国の住民票に11けたの住民票コードを記載することになりました。住民票の情報のうち4情報(氏名・生年月日・性別・住所)、住民票コードとこれらの変更情報を保有することにより全国共通の本人確認が可能となりました。そのため、国などの行政機関に住民票の情報を提供することにより、法律で決められた事務において、順次住民票の添付が不要となっております。
 また平成15年8月25日から住基ネットの第2次サービスを開始し、住民基本台帳カード(住基カード)の交付・住民票の写しの広域交付・転入転出届の簡素化など住民サービスの向上と行政事務の効率化を図っています。


平成24年7月9日から住民基本台帳カードの継続利用が始まりました。

従来は、住基カードの交付を受けている方が、川西市外に転出する場合、転出と同時に失効し住基カードを返納する必要がありました。平成24年7月9日以降は、住基カードの有効期限内であれば、他市においても継続して利用できるようになりました。
  詳しくは下記をクリックして下さい。


住民基本台帳ネットワークシステムのQ&A

どのような情報を取り扱うのですか。

 住基ネットで取り扱う住民情報は、氏名・生年月日・性別・住所と住民票コード等です。
 この情報は市区町村・都道府県・指定情報処理機関(全国センター)を専用回線で結ぶネットワークを通して提供されます。


その情報はどのように使われるのですか。

 法律で決められた事務において本人確認が必要になった場合に提供されます。これにより今まで国や都道府県において提出が必要だった住民票の写しが順次不要になります。

  • 住民票の写しが不要になった事務の一例
    旅券(パスポート)申請 平成15年4月1日より
    • 一部必要な場合もありますので、詳しくは旅券事務所にお問い合わせください。
      • 兵庫県旅券事務所 電話:078-222-8700
      • 尼崎出張所 電話:06-6428-7600

             

                年金の裁定請求時の住民票の省略
                年金の現況確認届出の省略

住民票コードとは?

 本人確認を行うために個人に設定された11けたの識別コードです。この数字には規則性がないので氏名や住所を推測できなくなっています。また住民票コードの変更は可能ですが、番号を指定したり、選んだりすることはできません。


自分の住民票コードがわからない場合

住民票コード入りの住民票を取得して確認してください。本人か同一世帯の方に限り請求することができます。必ず本人確認できる身分証明書等をご持参のうえ、市民課または各行政センターへ請求してください。


どこで情報を管理するのですか?

 住民票を保管している市区町村のほか、都道府県や指定情報処理機関(全国センター)で管理します。


情報の保護対策は?

大切な個人情報を取り扱うため、制度面・技術面・運用面から次のとおり万全の対策を講じます。

  • 法律や条例により情報提供先と利用目的を規定するとともに、民間での住民票コードの利用を禁止します。
  • 専用の回線を使用し、個人情報を暗号化することにより、外部からの不正侵入や情報の漏えいを防止します。
  • 操作する職員を限定するなど管理を厳重にし、目的以外の使用を防止します。
  • 関係職員には秘密の保持を義務付け、違反者には罰則規定を設けます。
  • 都道府県などに情報を保護するための委員会や審議会が設置されます。

2次稼働後(平成15年8月25日)の住基ネットシステムサービスの詳細については

平成15年8月25日より住基ネットワークシステムの2次稼働サービスが始まりましたが、その詳細については下記のページを参照して下さい。


このページに関するお問い合わせ

市民生活部 生活活性室 市民課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1165 ファクス:072-740-1331
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン